200万PVの事例も続々。500社が利用する、
コンテンツマーケ・オウンドメディア・SEO管理分析ツール

ご相談はお電話でもお気軽にどうぞ

受付時間平日 午前 9:30 - 午後18:30

03-5545-5230

マーケティング用語
2016年12月28日

ビッグデータとは?ミエルカ的視点

近年のICT(Information and Communication Technology)の著しい進歩により、従来は取り扱うことができなかったデータの蓄積・分析が可能になりました。この大量で構造化されていないデータ(=ビッグデータ)を分析することで、マーケティングや社会に役立てようという動きが広まっています。

・ビッグデータとは?

ビッグデータとは、通常のデータベースでは記録や管理、解析が困難なほど巨大で複雑なデータ群のことです。具体的なデータ量は定義されていませんが、数テラバイトから数ぺタバイト程度を指すことが多いようです。ビッグデータの定義として、2001年にMETAグループ(現ガートナー)のダグ・レイニー氏が後述の“3V”を提唱しました。この定義は現在も主流ですが、この3VにVeracity(正確性)を加えて4Vとすることもあります。

・ビッグデータの定義(3V)

  • Volume(容量)
    一般的なデータベースでは処理できないような巨大なデータ量
  • Variety(種類)
    データの種類。基幹システムで扱うような構造データだけでなく、
    音声、位置情報、テキスト等の非構造データ
  • Velocity(速度・頻度)
    高頻度の情報。コンビニのPOSデータや交通情報等の常時取得されるデータ

・ビッグデータを活用した事例

  • スシローの鮮度管理、売上管理での事例

回転すしチェーンのスシローでは、レーンを流れる寿司皿全てにICタグをつけ、寿司の鮮度や売上状況を把握しています。どの店でいつどんな寿司がレーンに流されたのか、どのテーブルでいつどんな商品が注文されたのかといった情報を毎年10億件以上蓄積しています。このデータと店の混み具合や着席からの経過時間を考慮し、1分後と15分後の需要を予測しています。

参考:ビッグデータの高速分析で、隠れていた課題や問題点を可視化回転寿司業界のNo.1を支える迅速な経営判断と店舗オペレーションを実現|アシスト|

 

  • アメリカカリフォルニア州オークランドの犯罪地域の可視化事例

カリフォルニア州のオークランドは犯罪が多発する都市として有名です。市民や観光客が犯罪に巻き込まれないようにする社会システムにビッグデータが使われています。犯罪が発生した時間や地域、どんな犯罪だったか等のデータを蓄積し、そのデータをもとに危険度が高い地域を推測・可視化することで、一目で危険な地域を把握できる犯罪マップをリアルタイムで提供しています。

・「ビッグデータ」をGoogleで調べるユーザーの検索意図とは?

Webマーケティングツール「MIERUCA(ミエルカ)」を使用して、「ビッグデータ」のGoogle検索の傾向を分析しました。

調査方法 :
ミエルカの機能の一つ「サジェストキーワードネットワーク(以下、SKN)」を使って調査。
SKNは、「Google検索した人の多さ」や「検索した意図」を自動で色分けして可視化できる機能。

円=対象キーワードと一緒に検索された複合キーワード ➡ 矢印の太さ=検索数の多さ
↖ 矢印の向き=検索バーに単語が入力された順番

 

%e3%83%93%e3%83%83%e3%82%b0%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf

“市場規模”が同時に検索されていることが分かります。話題のビッグデータを活用したサービスを検討しているのか「国内・世界のビッグデータ市場規模を知りたい」という検索意図があることが分かります。“事例”が検索されていることも「どのような活用事例があるのか、新事業の参考にしたい」という検索意図の現れにも見えます。

ウェアラブル端末も普及しだし、血圧や心拍、睡眠時間といった人間の生体データも収集しやすくなりました。健康やヘルスケア分野でビッグデータを活用したサービスが今後どんどん増えていくのではないでしょうか。

ミエルカについて詳しくはこちら

MIERUCA(ミエルカ) コンテンツマーケティングツール
Mieruca(ミエルカ)は「改善すべきページの抽出」 「競合との差分発掘」「定期的な順位計測」「コンテンツ想起」など、WEB集客につながるシステムをクラウドで一つにまとめ ...
https://mieru-ca.com/
【無料】ヒートマップ分析ツール - MIERUCA(ミエルカ)
ミエルカヒートマップは、スマホ時代に合わせたコンテンツ改善に便利な自動キャプチャ付き ...
https://mieru-ca.com/heatmap/

著者プロフィール

ミエル研究所 所長


ミエルカ研究所は、人工知能と言語処理の力で、「言葉」の持つ可能性を追及、研究していくための研究所 です。
コンテンツマーケティングKPI管理、言語レコメンドツール「ミエルカ」を提供するFaber Companyが母体となってます。

Print Friendly