200万PVの事例も続々。500社が利用する、
コンテンツマーケ・オウンドメディア・SEO管理分析ツール

ご相談はお電話でもお気軽にどうぞ

受付時間平日 午前 9:30 - 午後18:30

03-5545-5230

マーケティング用語
2017年1月10日

DSP(Demand Side Platform)とは?ミエルカ的視点

・DSPとは?

DSP(Demand Side Platform)とは、Web広告において広告主側の広告効果を最大化することを目的としたツールです。広告主は、広告を配信したいターゲットや予算を設定し、バナーを入稿すると、DSPが最適化された広告配信を自動で行ってくれます。また、ECサイトを運営している企業等が、自社が持つ顧客情報や購買履歴などのデータを活かしたセグメントでユーザーにアプローチしたい場合は、DMP(Data Management Platform)の活用が有効です。DMPに格納したデータをDSPへ連携することで、より自社にとって興味を持つ可能性が高いユーザーにリーチすることが可能となります。

・DSPとSSPの違い

DSPが広告主の広告効果最大化を目指すのに対し、SSP(Supply Side Platform)とは、広告媒体(メディア)側の広告収益を最大化することを目的としたツールです。複数の広告主の中で最も収益性が高いものを自動で選択し配信します。つまり、DSPは「なるべくコストをかけずに高い広告効果を出したい」という広告主の要望を実現するツールですが、SSPは「広告枠をなるべく高く買ってくれる広告主に買って欲しい」という広告媒体(メディア)側の要望を実現するツールであると言えます。

・DSPとSSPによる広告配信の仕組み

DSP、SSPによる広告配信の仕組みを簡潔にまとめました。

  1. 広告媒体からインプレッション情報がSSPに届く
  2. SSPが入札リクエストを複数のDSPに送信
  3. 各DSP内で、配信条件を満たす広告主を選定する
  4. 各DSPが、最高入札額を提示した広告主情報をSSPに送信
  5. SSPが、複数のDSPから送信された広告主情報を比較し、最も高い入札額を提示した広告主を選定する
  6. SSPが、選定した広告主の広告情報を広告媒体に送信
  7. 広告配信

・DSPの主なベンダー

2016年末現在、日本国内で主要なDSPには以下のようなものがあります。

など、それぞれのDSPベンダーによって特徴が異なりますので、実施されたい施策に合わせたDSPベンダーを選択することをオススメします。PCやスマホなどによるデバイスの違いはもちろん、特に大きな違いはそれぞれのDSPベンダーがもつ個人を特定しないブラウザベースでのCookie情報(=オーディエンスデータ)をもとにしたオーディエンス拡張という広告配信方法に違いがあります。前述したDMP連携は拡張方法にも大きく影響します。

・「DSP」をGoogleで調べるユーザーの検索意図とは?

Webマーケティングツール「MIERUCA(ミエルカ)」を使用して、「DSP」のGoogle検索の傾向を分析しました。

調査方法 :
ミエルカの機能の一つ「サジェストキーワードネットワーク(以下、SKN)」を使って調査。
SKNは、「Google検索した人の多さ」や「検索した意図」を自動で色分けして可視化できる機能。

円=対象キーワードと一緒に検索された複合キーワード ➡ 矢印の太さ=検索数の多さ
↖ 矢印の向き=検索バーに単語が入力された順番

 

dsp

“SSP”が同時に検索されていることが分かります。DSPとSSPはどちらも広告効果最大化を目的としたツールであり、混乱しやすいです。「DSPとSSPの違いや関係性を知りたい」「DSP、SSPを使うメリットは?」という検索意図がありそうです。

また“DMP”も合わせて検索されていることも分かります。DSPによる広告配信も、より精度の高さを求めるとなるとDMPとの連携は必然でしょう。最近はトレジャーデータなどDMP周りもソリューションが多く出ており、今までは導入や構築に大きなコストがかかっていたDMPに比較的安価に使えるようになりました。そのような背景もあり「DSPによる広告配信の際、DMPを用いてターゲティングに活かしたい」というデジタルマーケティング担当者の検索意図を表していると考えられます。

 

ミエルカについて詳しくはこちら

MIERUCA(ミエルカ) コンテンツマーケティングツール
Mieruca(ミエルカ)は「改善すべきページの抽出」 「競合との差分発掘」「定期的な順位計測」「コンテンツ想起」など、WEB集客につながるシステムをクラウドで一つにまとめ ...
https://mieru-ca.com/
【無料】ヒートマップ分析ツール - MIERUCA(ミエルカ)
ミエルカヒートマップは、スマホ時代に合わせたコンテンツ改善に便利な自動キャプチャ付き ...
https://mieru-ca.com/heatmap/

著者プロフィール

ミエル研究所 所長


ミエルカ研究所は、人工知能と言語処理の力で、「言葉」の持つ可能性を追及、研究していくための研究所 です。
コンテンツマーケティングKPI管理、言語レコメンドツール「ミエルカ」を提供するFaber Companyが母体となってます。

Print Friendly