SEO流入増。オンラインで商談・問い合わせ増加を達成。
1,500社が利用するコンテンツマーケ・オウンドメディア・
SEO対策分析サービス

ご相談はお電話でもお気軽にどうぞ

受付時間平日 午前 9:30 - 午後18:30

03-5545-5230

研究ブログ
2018年1月4日

「コンテンツSEOとは」はわかった。次は施策の手順・効果の試算をしてみよう

コンテンツSEOの意味・メリット/デメリットはわかった。

次はコンテンツSEOを取り組む場合の費用対効果や運用方法を社内に説明するための具体的な手順が知りたい。

こんな方に向けて、本記事ではコンテンツSEOの施策手順、考え方を解説します。

「コンテンツSEOの意味が知りたい」という方は、こちらの記事をご覧ください。

コンテンツSEOとは?なぜ今WEBマーケティングで注目されるのか!?

目次

事例で解説コンテンツSEOの具体的手順

事例で解説 コンテンツSEOの具体的手順

机上の空論ではなく、実際に私たちが行ってきたコンテンツSEOの手順をケーススタディーとして、コンテンツSEOに取り組む際の手順、費用対効果の算出方法を紹介します。

今回は具体例として私たちが提供しているMIERUCA(ミエルカ)を題材として考えていきます。

大枠を先に伝えるとコンテンツSEOの手順は5つに分けられます。

  1. テーマ調査
  2. キーワード調査
  3. 記事内容を検討
  4. 記事執筆
  5. 公開・効果計測

テーマ調査

コンテンツSEOを行う上で初めに行うのが、どんなテーマで自分たちのWEBサイトがGoogleに表示させたいかを決めることです。

まずは、どんなテーマが候補になるかを調査します。

調査方法は3つです。

  • テーマをブレストする
  • 競合サイトの対策キーワードから発想
  • 広告出稿キーワードの確認

テーマをブレストする

自分たちの商品/サービスを必要とする人が商品にたどり着くまでにどんな困りごとがあるか、情報を求めているかを想像します。

テーマを想像する時は商品名、商品ジャンル名といった自分たちの商品に目を向けるのではなく、消費者が新しいソリューションが必要だと感じるきっかけ、普段から抱える悩みや興味に目を向けます。

例えばミエルカの場合、商品が必要になるのは企業のWEB担当者であることが多いです。

テーマは、

  • ミエルカ
  • ヒートマップ

といった商品名ではなく、

テーマ コンテンツ内容案
キーワードツール キーワードツールってどれがいいの?
オウンドメディア 成功事例 オウンドメディアの成功事例が知りたい
コンテンツSEO コンテンツSEOって何?

のようなWEB担当者が日頃抱える悩みや、商品購入プロセスの情報収集段階で検索しそうなテーマを対象にします。

ターゲットとする消費者が抱える悩みや興味が想像できないという場合はこれまでに商品を購入されたお客さんの購買理由を探っていきます。

なぜミエルカを利用しようと思ったのか?
→コンテンツSEOに興味がある、検索意図を調査したい

なぜそう思ったのか
→アクセスが増えない、キーワードで上位表示しない

競合サイトの対策キーワードから発想

すでにコンテンツSEOを取り組んでいる競合会社がある場合は、競合サイトが対策しているキーワードが参考になります。

コンテンツSEOを取り組んでいるWEBサイトの記事一覧にあるタイトルを眺め、どんなキーワードを対策しているのかメモしていきます。

広告出稿キーワードの確認

すでにリスティング広告を出稿していれば、広告出稿しているキーワードを確認するのもよいでしょう。

特に、広告を出してCVしているキーワードは、売上に繋がるキーワードの可能性が高いので、コンテンツSEOでの売上効果が期待できます。

以下の手順でリスティング広告でコンバージョンが発生したキーワードを確認できます。

キーワード調査

テーマを洗い出したら今度は対象のテーマについて消費者がどんな検索をしているのかを洗い出します。

ここではキーワードプランナーというGoogleが提供している無料サービスです。

以下手順でテーマを入力すると、関連性の高いキーワードをGoogleが教えてくれます。

「キーワードプランナーの利用を開始」をクリック

「キーワードを検索」をクリックし、テーマを入力。

入力したテーマと関連性の強いキーワードを教えてくれる。

キーワードの一覧を作ることができれば、次は対策する優先度を決めます。キーワードの優先度を決める時は3つの視点チェックします。

  • 月間検索回数(一ヶ月あたりどれくらい検索されるキーワードなのか)
  • 検索者の購買意欲の度合い
  • SEO難易度(上位表示の難易度合い)

月間検索回数はアクセス数に影響する

検索における消費者の行動を整理すると以下のようになっています。

  1. 何か情報を求めて検索エンジンの検索窓にキーワードを入力し検索結果を確認する
  2. 表示された検索結果を眺めて、自分の求めている情報がありそうなサイトをクリックする

単純化して考えると検索してサイトを見るまでにはキーワードの入力とサイトをクリックする、という2つのアクションが起こります。

これをまとめると検索からのアクセス数は

インプレッション:検索画面に自社サイトが表示された回数

クリック率 :何パーセントの検索者が自社サイトをクリックしているか

の二つの変数で決まることがわかります。

インプレッションはキーワードの月間検索回数で決まります。

極端に考えるなら検索される頻度の高いキーワードで上位表示できれば、多くのアクセスを稼げられます。

以下の表は実際にミエルカで調査した各キーワードの月間検索回数の表です。

キーワード 月間検索数
SEO対策 27100
オウンドメディア 9900
キーワードツール 2900
SEOツール 1900
コンテンツSEO 880
SEO施策 170

参照:キーワードプランナー

この表を見ると、SEO対策が最も検索するキーワードだとわかります。

サイトへのアクセスを増やす場合には「SEO施策」より「SEO対策」を対策したほうが良いことがわかります。

検索者の購入意欲の度合い

普段のご自身の検索体験を想像していただければわかると思いますが、商品を購入・申し込もうとする時と、何かわからないことを調べるときで検索するキーワードは異なります。

例えば、SEOのコンサル会社を探しているときは「SEO コンサル」と検索するでしょうし、どのSEO業者がいいのか比較する時は「SEO 業者 比較」と検索するでしょう。

SEOのことが全くわからないときには「SEOとは」と検索すると思います。

このように、消費者の購買意欲はキーワードに現れます。

もちろん、購入意欲の高いキーワードで自社サイトが表示されていた方が売上に繋がる可能性は上がります。

アクセス数より売上・コンバージョン数を優先するなら、購買意欲の強いキーワードを初めに対策したほうがよいでしょう。

キーワードのSEO難易度

対象のキーワードを実際にGoogleで検索し、どのようなWEBサイトが上位表示しているかチェックします。

誰もが知っているような大企業のWEBサイトが上位を占めるキーワードはSEO難易度が高いと判断できます。

また、上位表示するWEBサイトが読み物コンテンツではなく、ECサイトや求人一覧ページが上がっているキーワードは、読み物コンテンツで上位表示させることが困難なキーワードです。

初めのうちは、上位表示しているWEBサイトが読み物記事で、現在上位表示している記事よりも消費者にとってためになる記事が書けるキーワードから対策するのが良いでしょう。

以上、3つの軸でキーワードを評価した結果を表にまとめると以下のようになります。

 

キーワード 月間検索数 CPC単価 SEO難易度
SEO対策 27100 823
オウンドメディア 9900 373
キーワードツール 2900 159
SEOツール 1900 675
コンテンツSEO 880 708
SEO施策 170 631

参照:キーワードプランナー

あとは、順番にコンテンツを作成していきます。

ROIの計算方法

さて、コンテンツSEOの手順でいうと次はコンテンツ作成になるのですが、一旦キーワードのリストが出たところで費用対効果を計算してみましょう。

あなたがGoogleでリスティング広告を出していれば、キーワードプランナーで出したキーワードには月間平均検索ボリュームのデータが反映されていると思います。

※広告を出していないと下図のように月間平均検索ボリュームがぼやかされます。

ちなみに、私たちが提供しているミエルカは月間平均検索ボリュームのデータを取得できるので、広告出稿をしていない方でも月間平均検索ボリュームを確認できます。

▽無料トライアルはこちら
MIERUCA(ミエルカ) SEO&コンテンツ作成ツール- コンテンツマーケティング・オウンドメディア集客なら

月間検索数がわかったら、対象キーワードの月間検索回数に対し、下図のようなマトリクスを作ります。

縦軸がCVR、横軸が検索順位別の平均CTRです。

検索順位別のCTRとは、順位に応じたクリック率のことで、弊社が独自に調査したデータでは、検索順位別のCTRは以下のようになります。

検索順位 平均クリック率
1位

41.3%

2位

21.8%

3位

13.7%

4位

10.5%

5位

6.8%

6位

5.3%

7位

4.0%

8位

3.9%

9位

3.3%

10位

3.5%

参照:ミエルカ

作成した表から対策キーワードに対しコンテンツを作成すると、CVR1%、検索順位5位で、Google・Yahoo合わせて月1件のCVが発生することになります。

この件数に1CVあたりの価値(客単価・広告費)を掛け合わせ、コンテンツSEOにかけるコストを何ヶ月で回収できるか試算します。

記事内容の検討

コンテンツを作る時に意識すべきは検索者が求める情報(検索意図)を届けることです。

Googleの検索エンジンは検索者の検索意図が満たされる結果を返すようになっています。

今回は「コンテンツSEO」というキーワードで検索意図を読み解いてみましょう。

検索意図を読み解くヒントは3つあります。

  • サジェストキーワード
  • Q&Aサイトの質問文
  • 上位サイトのコンテンツ内容

 

サジェストキーワードを読み解く

キーワードをリスト化する時にもサジェストキーワードを使いましたが、記事作りでもサジェストキーワードを分析します。

対象キーワードのサジェストキーワードを意味合いが似たキーワード同士をグルーピングするとどんな検索意図があるのかを把握することができます。

MIERUCA(ミエルカ)のサジェスト分析機能「サジェストキーワードネットワーク」を使うとこの作業が瞬時に行えます。

「コンテンツSEO」のサジェストキーワードネットワーク図

この結果からコンテンツSEOと検索する検索者のニーズは以下のように読み解けます。

  • コンテンツSEOのセミナー情報を探している
  • コンテンツSEOを勉強するのにおすすめの本は?
  • コンテンツSEOを行ってくれる業者を探している。料金は?
  • コンテンツSEOとは何を意味するのか?メリットは?コンテンツマーケティングとの違いは?
  • コンテンツSEOをするにあたって何文字のコンテンツを作る必要があるのか?

 

次にMIERUCA(ミエルカ)のもう一つの機能「インテンション・グル―ピング(競合流入数調査)」を使ってみます。

円の大きさはニーズの多さ、距離の近さがニーズの一致度を表しています。

 

赤丸「コンテンツSEO」に最も近い位置にある単語が「コンテンツSEO」と検索した時の検索ニーズに最も近いテーマであることが読み解けます。

この場合は「コンテンツSEOとは」というテーマが検索意図として強いことが読み解けます。

Q&Aサイトの質問文から推測する

Q&AサイトにはGoogleで検索したけど自分の欲しい情報がなかった」人が個別の悩みを掲示板に投稿しています。

実際の検索者の声が投稿されているので検索意図の読み解きの参考になります。

ただし、BtoB向けのキーワードの場合、そもそもQ&Aサイトに質問が投稿されない場合が多いので注意が必要です。

上位サイトのコンテンツ内容

Googleの検索結果が検索者のニーズを満たすコンテンツが順番に並んでいるとすれば、現在上位表示している記事を読み込むことで検索者のニーズを推測することが可能です。

文章のコピーは言語道断ですが、どんな情報を提供しなければならないのかを分析する際の参考になります。

MIERUCA(ミエルカ)の「共起語1.0」を使うと上位表示しているコンテンツの文言を分析し、重要な単語がリスト化されます。

これらの単語を要素として考え、自身が提供しなければならない記事内容を考えていきます。

 記事執筆

複数の企業様のコンテンツSEO施策に携わってきましたが、記事執筆を誰が行うかは多くの企業で課題に上がります。

筆者が接してきた企業様での代表的な運用方法は以下のようになります。

 

運営方針 解説
自社内のスタッフで作成 自社内のスタッフで記事を執筆する方法です。
クラウドソーシングでライターを募集 クラウドワークス、ランサーズのようなクラウドソーシングサービスでは、フリーランスのライターに記事執筆の依頼を出すことができます。

記事執筆依頼の求人を出し、仕事を探しているライターが求人に応募してくれればマッチングが成立します。

ロガー、ライターを自身でリクルーティングする コンテンツSEOで取り組む分野に精通したブロガーがいれば、その人を直接リクルーティングするのも有効な手です。分野に精通している分、記事内容の濃い記事ができる可能性があります。
インターン生、アルバイトを雇う コンテンツSEO用のライターとして、インターン生やアルバイトを採用する企業もあります。

初めの教育、モチベーティング、出勤日の確保が難しいですが、意識の高い学生は即戦力になる可能性があります。

専門家に記事執筆、記事監修の依頼をする 専門性の高い分野であれば、専門家記事作成を依頼する方法もあります。場合によっては、執筆は別のスタッフが行い、記事内容のチェックのみを専門家に依頼することもあります。

他の運用方法に比べ、記事単価が上がる傾向にあります。

実際にMEIRUCA(ミエルカ)を利用されている企業様の成功事例をご紹介しますので、運用の参考にしてください。

アルバイトでライターを募集:アソビュー株式会社様

失敗を乗り越え月200万PVに急成長! 小川卓氏が聞く、アソビューのオウンドメディア運営術とは?

インターン生とパートさんで運用:株式会社ビズリーチ様

AIで流入を改善!? ビズリーチが初めて挑んだメディア事業が目標の430%に急成長した秘密

対象分野に精通したブロガーを採用:株式会社ニフティ様

投入記事数を1/3に減らして検索流入が29倍になったって本当? ニフティの宇佐美貴史さん、教えてください!

効果計測

コンテンツSEOはコンテンツを作っておしまいでありません。

コンテンツは必要に応じて内容を修正し、キーワードの順位を上げます。

弊社ではコンテンツを公開したあとは、対象コンテンツが狙っているキーワードをMIERUCA(ミエルカ)のサイトレポート機能に登録し、定期的に順位をモニタリングします。

コンテンツを作ってもアクセスが増えない原因の多くはキーアードの順位が上がっていないことですが、キーワードの順位を計測しないとそれすらわかりません。

順位が上がらない場合は、コンテンツの内容が競合サイトのコンテンツと比較し情報が不足している可能性があるので、不足箇所を修正します。

運用体制・業者選びをどうするか

コンテンツSEOを検討する際にネックになるのが運用体制です。

実際に施策を行う時、運用方法は以下の3つに別れます。

  1. 全て社内リソースで取り組む
  2. 社内リソース+記事執筆を外注
  3. 企画〜制作を外部に委託

弊社ではコンテンツSEOの戦略立てを社内で行う①②の運用方法を推奨しております。

③の方法で運用される場合は以下の点に注意して業者を選定しましょう。

記事クオリティ

想定していたクオリティ通りの記事クオリティが担保されるか

マーケティング要素を担保する

コンテンツSEOの目的は潜在顧客と接触し態度変容を促すことです。

情報提供のみで、自社のサービス訴求ができていない記事はキーワードで上位表示したとしても、消費者にサービスを使ってみよう!という気にさせられません。

コンテンツSEOを初めて見たけど、売上に繋がらない
という悩みの多くはここに起因します。

自社にノウハウがたまらない

運用全てを外注すると社内にノウハウが蓄積されません。
今後別サービスでコンテンツSEOを取り組む可能性はないかを検討しましょう。

業者選びで失敗しないために商談中に確認すべき質問リスト

Googleアルゴリズムに対する知識

コンテンツSEOでは消費者ニーズを満たす記事を作ることが最も重要です。
実はこの考え方はGoogleのアルゴリズムにも共通しています。

少し前までは文字数やタグの設置方法が重視される時期がありましたが今はそうではありません。

「今のGoogleはどのように検索結果を決めているのか」

を質問してみるのがよいでしょう。

 

弊社では海外SEO情報ブログで定期的にSEO関連の情報を発信しているので、興味がある方はこちらもご確認ください。

機械学習を採用したGoogleのアルゴリズムにどのように対応すべきか from #SMX Munich 2016

 

カスタマージャーニーを描いているか

コンテンツが作るだけではCVは発生しません。
潜在顧客に態度変容させ、CVさせる流れを描けているか確認しましょう。

カスタマージャーにについてこちらの記事で詳しく解説しています。

5分で理解!オウンドメディアとは?~事例とともに分かりやすく説明します~

 

ROIの計算ができているか

「とりあえずコンテンツ作りましょう。」
あなたは制作会社の営業担当者からこんな風に言われていないですか?

コンテンツを作ることで売上にどう影響を与えるのか、しっかり営業担当者に確認してROIをどのように計算しているのか確認しましょう。

 

ライターはどこから採用しているか

業者が抱えているライターはどういう属性の人なのか。
自社サービスに精通した人なのか、そうでないのか。

特に専門性の高いサービスは知識のある人でなければ良質な記事は書けません。

業者が抱えるライターがどういう人たちなのか、確認することをお勧めします。

まとめ

コンテンツSEOは手間のかかる施策です。

しかし、今回ご紹介したような手順をしっかり踏んで取り組めば成果が見込める施策です。

私たちはMIERUCA(ミエルカ)というツールとともに、このようなノウハウを提供しクライアントさまのコンテンツSEO施策のお手伝いをしています。

これからコンテンツSEOに取り組まれる予定があるなら、きっとあなたのお力になれると思います。

ご興味を持たれた方はサービスサイトからご状況をお知らせください。

MIERUCA(ミエルカ) SEO&コンテンツ作成ツール- コンテンツマーケティング・オウンドメディア集客なら
MIERUCA(ミエルカ)は「改善すべきページの抽出」 「競合との差分発掘」「定期的な順位計測」「コンテンツ想起」など、WEB集客につながるシステムをクラウドで一つにまとめ ...
https://mieru-ca.com/
【無料】ヒートマップ分析ツール - MIERUCA(ミエルカ)
ミエルカヒートマップは、スマホ時代に合わせたコンテンツ改善に便利な自動キャプチャ付き ...
https://mieru-ca.com/heatmap/

著者プロフィール

写真 ミエルカ研究所 所長
ミエルカ研究所は、人工知能と言語処理の力で、「言葉」の持つ可能性を追及、研究していくための研究所です。
コンテンツマーケティングKPI管理、言語レコメンドツール「ミエルカ」を提供するFaber Companyが母体となってます。

Print Friendly

MIERUCA導入事例

縮小市場で流入数 前年比172%! 富士フイルムの「写真年賀状サービス」 [富士フイルム株式会社]
コンテンツ制作未経験者の2人が、月間ユーザー数を4倍にまで成長させた施策とは?金融オウンドメディア成功事例 [山陰合同銀行]
セッション数8.5倍、年間7000件超の見込み顧客を獲得!『記事構成シート』がコンテンツ制作の鍵 [株式会社ジャストシステム]
検索流入が前年比165%!5年間熱望した「確定申告」でついに上位表示! [弥生株式会社]
施策・効果の具体的なレポートを社内に明示しやすくなった [SBIホールディングス株式会社]
売上は昨年の6倍。手作りアルバムの需要が減っても成長し続けた方法とは? [いろは出版株式会社]

ミエルカを試しに使ってみたい方、
コンテンツマーケティングやSEOでお困りの方はこちら