サチコミエルカ(SACHIKO MIERUCA) ページ・コンテンツの課題を見える化

Webサイトへの流入を5分で改善
初心者でも打ち手がわかる

月額2,800円

昨今、アクセス解析でWebサイトへの流入キーワードを把握することが困難になり、それらを元にしたWebサイト改善も同時に難しくなりました。

サチコミエルカは、このWebサイト改善に必要な「流入キーワード」をGoogle Search Consoleと連携し、データベースに蓄積して見える化。
さらには、検索エンジンで「検索されるキーワード(≒ユーザーニーズ)」と検索結果上で期待される「クリック率(CTR)」の関係から、改善すべきページを即座に抽出することができます。

タイトル要素の改善案など、抽出されたページへの打ち手を提案してくれるので、誰でも手軽に、簡単に、効果的な施策実施が可能です。特に、新規流入が指標となるような製品Webサイトやオウンドメディアを運営するWeb担当の方、個人事業主でWebサイトを運営されている方は、サチコミエルカを活用した〝明日から始められる〟Webサイト改善サイクルを回しませんか?

14日無料トライアル
クリック率(CTR)が低いページを発見
流入改善期待の高い順に提案
CTRの低い改善ページを抽出。改善期待値の高い順にページを提案。 画像01

Webサイトへの流入改善施策の1つとして、ページタイトルや見出し要素の改善が挙げられます。検索ユーザにより興味関心を持ってもらうよう変更を加えることで、「自社サイトへのクリック率(CTR)の上昇」「検索結果上での順位アップ」も狙え、結果流入増が見込まれます。

サチコミエルカは、一般的な検索結果上での平均クリック率と自社サイトとのクリック率を比較し、統計処理することによって改善対象となるページを明確にします。

CTRの低い改善ページを抽出。改善期待値の高い順にページを提案。 画像02

※平均CTR(赤色のグラフ)と自社ページCTR(緑バブル)を比較したチャート。緑バブルの大きさが自社サイトへのクリック数を表す。
(赤色のグラフラインより下部に位置するページが改善対象となる。)

流入改善に必要なキーワードを
優先度順にレコメンド。
改善ページのタイトル(及びページ)に、不足している語彙・キーワードを自動提案 画像01

サチコミエルカは、改善対象ページに対して形態素解析(※)技術を用いて解析することで、検索クエリ(ユーザーの検索意図)と改善対象ページのマッチング度を評価。
どのようなキーワードがページタイトルに足りないのかを提案してくれます。
※形態素解析:辞書を用いて意味のある単語に文章を区切り、内容を判別すること。

タイトルの状況を閲覧可能 画像02
検索アナリティクス(※)
のデータを最大13ヶ月分保持。
※ Google Search Console内の流入キーワードとそのインプレッション数、クリック率(CTR)等を閲覧できるメニュー

検索エンジンのSSL化が進行しており、Webサイトへの流入キーワードの把握が困難になってきています。代替されるのが検索アナリティクス機能ですが、999件のデータ閲覧と保持期間が90日間しかない、というのがネックです(2016年2月現在)。通期で施策を実施していく上で、上記データを活用するためには、定期的にデータをバックアップしていく必要があります。

①サチコミエルカでは、毎日セグメントを切ってデータを自動で取得しており、普通にデータ閲覧(999件)するよりも多くデータが確認できます。

②普通なら3ヶ月以後は一日ごとに古いデータが捨てられ、確認できなくなりますが、自動で毎日ダウンロードしてデータ蓄積します。面倒で手間がかかる作業をサチコミエルカは自動化してくれます。

Google Search Consoleデータ(旧ウェブマスターツール)の検索アナリティクスデータを最大13カ月蓄積します。 画像01
その他の機能の紹介
・数万件のデータがある場合でも、一括でダウンロードが可能。(毎月の回数制限あり) ・キーワード、URLをグループ化。グループを保存し管理することが可能。 ・グループ化機能のフィルタには、一致だけでなく正規表現も利用可能。 ・セグメントを切って「検索アナリティクス」のデータを取得。Google Search Consoleよりも、一度に多くのデータを閲覧可。 ・期間を比較してデータ分析可能。デバイス別分析も。
14日無料トライアル

開発メンバー紹介

開発メンバー紹介 副島啓一
副島啓一
東京大学 工学部 システム創成学科(PSI)卒業。卒業後はITベンチャー畑を 歩み、株式会社SOOL元取締役CMO/SOOL パートナー(現任)。
2014年エン・ジャパン社への事業売却を行い、ミエルカの開発に参画。言語解析、クローリングなどを強みとする。

共同研究者

共同研究者 吉田光男
吉田光男
豊橋技術科学大学情報・知能工学系助教。筑波大学第三学群卒業、筑波大学大学院システム情報工学研究科博士後期課程修了。博士(工学)。
2011年より日本学術振興会特別研究員(DC1)、2014年より現職。ウェブのコンテンツに注目し、自然言語処理という技術を応用したウェブ工学に関する研究に取り組んでいる。楽天研究開発シンポジウム最優秀データチャレンジ賞、データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム優秀インタラクティブ賞など数々の賞を受賞している。

顧問・技術アドバイザー紹介(順不同)

顧問・技術アドバイザー紹介(順不動) 高木 友博
高木友博 教授
明治大学 理工学部 情報科学科 教授(現任) 計算型人工知能の世界トップレベルの研究者であると同時に、マーケティングにも詳しい。近年では、言語計算、プロファイリング、ソーシャルデータ解析、推薦エンジン、データドリブンマーケティングなどの研究に従事。

東京工業大学 大学院総合理工学研究科システム科学専攻 博士後期課程修了(工学博士)。
1983‐1984年 カリフルニア大学 バークレー校 コンピュータサイエンス学科 客員研究員。
1984-1988年 インターフィールドシステムズ Inc. 開発事業部 事業部長。
1988-1997年 松下電器産業 中央研究所 研究室長,マルチメディアソフト推進室ソフトグループ 主担当,マルチメディア全社推進本部ネットワークサービス事業開発室 新規事業化チームリーダー等
1989-1993年 国際ファジィ工学研究所(通産省)所長代行、所次長。
2004-2005年 カリフルニア大学 バークレー校 コンピュータサイエンス学科 客員研究員。
2005-2007年 日本学術振興会 学術システム研究センター プログラムオフィサー。
現在、Editorial Board of Soft Computing (Springer)、Editorial Board of International Journal of Uncertainty Fuzziness and Knowledge-Based Systems (World Scientific)、 Editorial Board of Evolving Systems (Springer)。
また、IEEE Computational Intelligence Society Fuzzy Systems Pioneer Award 受賞。
International Fuzzy Systems Associationのフェロー。
顧問・技術アドバイザー紹介(順不動) 中川 裕志
中川裕志 教授
東京大学情報基盤センター 教授(情報理工学系研究科 数理情報学専攻兼坦) 情報検索、機械学習の研究をベースにしてプライバシー保護技術の研究に従事。
匿名化などによるデータベース中の個人情報保護、あるいは匿名化の副作用である濡れ衣現象、さらにデータベースへの質問者の意図の保護などのテーマに取り組んでいる。

1975年3月  東京大学工学部卒業
1980年3月  東京大学大学院工学系研究科博士課程修了(工学博士)
1980年4月以降 横浜国立大学工学部 講師、助教授、教授
1999年8月以降 東京大学情報基盤センター 教授(情報理工学系研究科 数理情報学専攻兼坦)
(現在)人工知能、自然言語処理、情報検索、機械学習、プライバシー保護の研究を行なう。
主著
朝倉電気・電子工学講座17 電子計算機工学, 朝倉書店, 1984 (1996 改訂新版)単著言語の数理(第1章 数理言語学)", 岩波講座「言語の科学」第8巻、1999 共著東京大学工学教程 情報工学 「機械学習」 丸善出版、2016。

導入の流れ

サチコミエルカでは、ユーザー様にご納得の上で活用頂くために72時間無料トライアルをご用意しています。
なお、導入までの手順は以下のとおりです。

01.72時間無料トライアルのお申込み 画像1
01.72時間無料トライアルのお申込み

本ページ最下段「72時間無料トライアルのお申込み」からお申込ください。サチコミエルカの説明やデモ依頼、詳細情報などもお気軽にお問い合わせください。

02.ログイン情報のお知らせ 画像2
02.ログイン情報のお知らせ

1営業日以内にログイン情報(ID・Pass)とセットアップマニュアルをメールにてお送りします。 解説キットをご覧になられましたらオンライン会議の日程希望をお知らせください。

03.オンライン会議によるデモ及び解説 画像3
03.オンライン会議によるデモ及び解説

オンライン会議をやお電話、メール等を通じて機能の解説や活用方法のデモを行います。使用感や疑問点をお聞かせください。この時点から72時間無料トライアルのスタートです。

04.14日間無料トライアル 画像4
04.14日間無料トライアル

期間中に生じた疑問はいつでもお問合せください。サチコミエルカの業務フローへの組み込みや仕組み化のご相談なども承ります。

05.ご契約 画像5
05.ご契約

72時間無料トライアルで〝サチコミエルカ〟の価値にご納得いただけましたらご契約の意志をお知らせください。

本ページ最下段「14日間無料トライアルのお申込み」からお申込ください。サチコミエルカの説明やデモ依頼、詳細情報などもお気軽にお問い合わせください。
72時間無料トライアルのお申込み

下記のフォームに必要事項をご記入いただき、送信して下さい。
内容確認後に、担当者よりお電話もしくはメールにてご連絡させて頂きます。
※は必須事項です。

利用規約※(必須)

お問い合わせ内容
会社名※(必須)
名前※(必須)
電話番号※(必須)
メールアドレス※(必須)
お問合せ内容
メッセージ (任意)


特定商取引法
サチコミエルカに関わる
特定商取引法に関する表示
販売事業者名 株式会社Faber Company
代表者または運営統括責任者名 副島啓一
販売事業者所在地 〒107-0052 東京都港区赤坂2-14-4 森崎ビル4階
問い合わせ先 mieruca@fabercompany.co.jp にお問い合わせください。
電話番号 03-5545-5230
販売価格 サチコミエルカ 月額利用料¥2,800(税別)/1サイト単位あたり
※1サイト単位とは、GoogleSearchConsoleの1プロパティを指します。
商品代金以外に必要な費用 消費税、振込手数料
ご契約期間 1ヶ月・年間の選択可
お支払方法 ■銀行振込 (1年間かつ5プロパティ以上の場合選択可)
■クレジットカード
代金の支払い時期および方法 サービス利用開始日までにお支払いください。
※クレジットカード決済は、毎月前払いの引き落としを承っております。
商品の受け渡し時期および方法 お支払いを確認後、2営業日以内にサービス提供を開始します。
返品の取り扱い条件、解約条件 ①メールサポートのみとなります。9:30~18:00(月~金)に受付可能です。
②解約72時前までに、gonroku@fabercompany.co.jp宛に
電子メールを送信する方法により予告することによって、
解約することができます。
また解約予告日に、アカウントは停止となります。
但し、その場合日割計算による利用料金の減額及び返金は致しません。
③定期的にご利用頂く必要のあるサービスである為、
お客様から特にお申し出の無い限り、契約は自動更新となります。
自動更新は、特にお申し出の無い限り、前回のご契約期間と同等となります。
不良品の取り扱い条件 商品の性質上、返品は承っておりません。
会社情報
会社名 株式会社Faber Company
日本語表記 「ファベルカンパニー」と読みます。
所在地 [東京本社]
〒107-0052 東京都港区赤坂2-14-4 森崎ビル4階
資本金 1億円
設 立 2005年10月24日
役 員
【経営陣】
・COO(取締役社長) 稲次正樹
・CCO(取締役)) 山田明裕
・CRO(取締役) 副島啓一
・取締役 Independent Contributor 鈴木謙一
・CAO(社外取締役)   小川卓
・CPO(社外取締役) 滝井秀典 
※株式会社キーワードマーケティング研究所代表取締役
・社外取締役 山崎高之 ※株式会社インテリジェンス常務執行役員

【当社顧問】
・技術顧問 高木友博 (明治大学理工学部情報学科教授)
・技術顧問   中川裕志(東京大学情報基盤センター教授)

【共同研究】
・共同研究   吉田光男(豊橋技術科学大学情報・知能工学系助教)

【その他役員】
・Founder(取締役) 古澤暢央

※CCO…Chief Contents Officer、CRO…Chief R&D Officer、CAO…Chief Analytics Officer、CPO…Chief PPC advertising Officer