ミエルカマーケティングジャーナル webマーケの基礎から応用まで学ぶ!

ご相談はお電話でもお気軽にどうぞ

受付時間平日 午前 9:30 - 午後18:30

050-3645-7921 (03-5545-5230)

ミエルカTOP ミエルカジャーナル Webマーケティング YouTube動画を作るための5つのキーワード選定方法
Webマーケティング

YouTube動画を作るための5つのキーワード選定方法

更新日:2021.10.1 公開日:2021.09.09
中山順司
著者:YouTubeコンサルタント/中山 順司

YouTubeチャンネル『ミエルカチャンネル』運営事務局。B2Bオウンドメディア『経営ハッカー』を月間400万PVに成長させた後、Faber Companyへ入社。『ねとらぼ』『Maeke Zine(マーケジン)』で連載中。個人でYouTubeチャンネルも運営中。

 

YouTube で動画を作るときは、ユーザーのニーズを知る必要があります。
記事コンテンツ同様に、ユーザーの「知りたい」に応えることで集客効果UPを期待できるからです。

しかし、何の「キーワードで上位表示させたいか」決まらないと、施策の打ちようがありません。

そのためにまず、キーワードのヒントを得る調査方法について。YouTubeチャンネル「ミエルカチャンネル」を運用する、YouTubeコンサルタント中山順司が5つ紹介します。

1.オートコンプリート機能を使う

YouTubeの検索ボックスを使って調べる、もっともシンプルなキーワード調査方法です。

こちらは、〝中古マンション〟というワードの後ろにスペースをいれたときの、オートコンプリートの表示です。
(一般的に「サジェストワード」とも呼ばれます。入力中の文字列から推測されたキーワード の入力候補のこと)

オートコンプリート機能

〝中古マンション〟を起点として検索している人が、何を知りたいのか垣間見ることができます。

「貸したい人」「探したい人」「購入の流れを知りたい人」「投資したい人」「リフォームしたい人」「購入者の声を聞きたい人」「物件を見極めたい人」などがいるようですね。

次は、YouTubeの検索ボックスに「_(アンダースコア)」を入れてからキーワードを入力する方法でも調べてみましょう。
この方法では
〝中古マンション〟が関連となる元キーワードを見つけられます。

関連元キーワード

一部、かぶっている部分もありますが、以下の人たちもYouTubeに解を求めていることがわかります。

  • (中古マンション購入時の)住宅ローン控除の申請法を知りたい人
  • (中古マンションの)新築と中古で迷っている人
  • (中古マンションを)エリア別に探している人
  • (中古マンションを購入したいので)値引き方法を知りたい人
  • (中古マンションの)リフォーム工事をしたい人
  • (中古マンションを得意とする)リフォーム工事業者を探している人

2.ahrefsのKeywords Explorerを見る

お次は、有名な有料ツール「ahrefs(エイチレフス)」を使う方法です。

Keywords Explorerという機能を使うと、関連ワードを簡単に見つけられます。

ahrefs(エイチレフス)

数は少ないですが、関連するキーワードが表示されます。

ahrefs 関連ワード

オートコンプリート機能では見えなかった、「購入時の注意点」を知りたい層が一定数いるとイメージできました。

▶︎ ahrefs

3.YouTubeアナリティクスのトラフィックソース

次に、自社のYouTubeチャンネルの流入キーワードからもヒントを得ます。

「YouTube Studio」のアナリティクス機能を使うと、視聴者がどんなキーワードから流入してくれているか分かります。

トラフィックソース内の「YouTube検索」から確認してみましょう。

YouTubeアナリティクス

上記の[詳細]をクリックすると、キーワード毎に視聴回数平均視聴時間も確認できます。

まれに「なぜ、こんなキーワードで流入しているの?」と首をかしげることもありますが、新たな発見や気づきを与えてくれることもあり、需要を知るためにもトラフィックソースは見ておくことをオススメします。

4.Keyword Tool を利用する

SEOに取り組んだことのある方は、「Keyword Tool」は聞いたことがあるかもしれませんね。

実はGoogleやAmazon、Bing以外に「YouTube」のタブもあります。

Keyword Tool

無料版でも関連キーワードの取得までは可能です。

ただし、肝心の「検索ボリューム」「トレンド」「CPC(クリック単価)」「競合度」は有料版でないとわかりません。

まずは「どんなワードで検索されているのかな?」というアタリをつける初期調査としてなら、無料版でも活用できると思うので紹介しておきます。

Keyword Tool 関連キーワード

※5つめ以降はマスクがかかっていて見られません(画面は無料版)

▶︎ Keyword Tool

5.競合チャンネルで使われているキーワードを探る

ベンチマークしている競合チャンネルも、キーワードのヒントを得る観点から見てみましょう。

例えば、YouTube動画には、管理者がハッシュタグタグを付けられます。

これらの目的は「より多くの人に検索経由でリーチするため」と「YouTubeのAIに認識してもらうため」なのですが、実は情報の宝庫だったりします。

ハッシュタグを見る方法

動画の概要欄に「#」が付いたキーワードを見ることがあると思いますが、これがハッシュタグ。ハッシュタグは検索結果に関係する部分です。

ハッシュタグ

ここのワードは、イコール「この単語で検索されたい」という意思表示の表れでもあります。チェックしない理由はありません。

タグを見る方法

タグは関連動画の表示に影響します。競合がどんなタグを付けているのか、チェックしてください。

ただし、ハッシュタグは画面上で見られますが、タグは非表示なので概要欄には表示されません。

無料のchrome拡張機能「YouTube Tags」を使って見てみましょう。これを使えば一発でタグが可視化されます。

▶︎ YouTube Tags

ただ、ときどきバグるのか、エラー表示されることもしばしばあります。

そんなときの【対処法】は、タグを調べたいYoutube動画のページ上で右クリック→「ページのソースを表示」をクリックすればOK。

ソースが出ますので、「Ctrlt + F」で「keyword」を検索するとチェックできます。

ページのソースを表示

上記はとある日曜大工動画のソースなのですが、「keyword」で検索すると、こんなかんじで見つかります。
→「大工仕事」「木ダボ」「棚を作る」がタグです。

木ダボってなんだろう?と調べてみたら、「木材にあけたダボ穴に入りやすいように先端の角がつぶされている短い丸棒のこと」で、6mm~10mmのサイズがあって、接合する木材の大きさに合わせて選ぶのだそうです。

タグは関連動画の表示に影響しますし、キーワードの発見に役立つのでチェックをお忘れなく。

以上が、YouTube動画のキーワードを決めるときのヒントとなる方法です。

どれもやっておきたい調査方法ですが、正直あちこちのデータを見に行かないといけないので面倒です。

「キーワードのヒントを得て」「流入キーワードもチェックし」「競合チャンネルの分析まで」一挙に調べたい方は、動画集客支援ツール「DOUGA MIERUCA(動画 ミエルカ)」をオススメします。

DOUGA MIERUCA(動画 ミエルカ)でくわしく調べる

「DOUGA MIERUCA(動画 ミエルカ)は、YouTubeチャンネルを運営する企業にオススメのツールです。

動画コンテンツの制作・分析に必要なデータを、一気に調査できるので便利です。

DOUGA MIERUCA

特に便利な機能

自社チャンネル分析
閲覧ユーザーの属性情報や流入キーワード、視聴時間など、自社のYouTubeチャンネルを分析できる機能があります。企画のヒントを得られるので、僕は好きです。
競合チャンネル比較調査
登録者数、動画数、再生回数などを競合と比較する機能は、上長へのレポート作成にも便利。これは自社チャンネルの弱点や、伸ばすべき改善ポイントをつかめます。
動画企画のネタ探し
YouTube内のサジェストキーワードや、よく利用されているテーマを確認できます。 合わせて平均再生回数や影響力の強いチャンネル一覧なども表示されるので、どのような企画で動画を作成していけば反響が出やすいか、トレンド調査も可能です。

 

DOUGA MIERUCA(動画ミエルカ)

無料相談を利用してプロの知恵を使う

困っているなら、一人で悩む時間がもったいないです。
企業のYouTubeチャンネルを運用している、僕の知恵を気軽に利用してください。

現在(2021年)、コンサルティングサービスを始めたばかりなので、無料相談(30分程度)を積極的に承っています。

キーワード選定はもちろん、コンセプト策定や市場分析までご相談にのれます。 このタイミングにぜひ、御社のYouTubeチャンネルを伸ばしてくださいね。

無料相談の申し込み

 

YouTubeチャンネルご相談窓口

著者PROFILE

YouTubeコンサルタント・中山 順司(なかやま じゅんじ)

コンテンツ・エバンジェリスト&YouTube 『ミエルカチャンネル』事務局。freeeで税務/会計/人事労務領域のB2B オウンドメディア『経営ハッカー』を月間400万PVに成長させた後、株式会社 Faber Companyへ。 『ねとらぼ』『MarkeZine』等で連載。個人でYouTubeチャンネルも運営する。

編集者PROFILE

前田 絵理(まえだ えり)

雑誌編集者からWeb業界へ転身し、事業会社のオウンドメディア編集長に就任。検索流入を7倍に増加させた成功体験がキッカケで、株式会社Faber Companyへ入社。現在はマーケターとして、各種セミナーへ登壇中!
講演実績:Web担当者ForumMarkeZine(マーケジン)
Twitterアカウント:@Eri_Marke

関連記事

ミエルカを試しに使ってみたい方、
コンテンツマーケティングやSEOでお困りの方はこちら

運営会社

会社名 株式会社Faber Company(公式HP)
日本語表記 「ファベルカンパニー」と読みます。
所在地 [東京本社]
〒105-6923 東京都港区虎ノ門4-1-1 神谷町トラストタワー 23F
資本金 1億円
設 立 2005年10月24日
役 員
顧問・共同研究
  • 技術顧問高木友博 (明治大学理工学部情報学科教授)
  • 共同研究吉田光男(豊橋技術科学大学情報・知能工学系助教)
無料サイト診断
MIERUCA 無料サイト診断受付中