ミエルカマーケティングジャーナル webマーケの基礎から応用まで学ぶ!

ご相談はお電話でもお気軽にどうぞ

受付時間平日 午前 9:30 - 午後18:30

050-3645-7921 (03-5545-5230)

ミエルカTOP ミエルカジャーナル Webマーケティング 【研究】ARG 第7回Webインテリジェンスとインタラクション研究会の聴講
Webマーケティング

【研究】ARG 第7回Webインテリジェンスとインタラクション研究会の聴講

更新日:2021.6.18 公開日:2015.11.29

WEBページの評価手法についての研究として、「ARG Webインテリジェンスとインタラクション研究会」の聴講にいってきました。(2015年11月29日(リクルート本社にて)

20151129_143734
■参加した雑感と、WEBページ情報の信頼性に関する最新研究
「レビュー自体の評価方法に関する研究」や「twitter位置データを用いた観光地の評価手法」などの発表が有りました。
特に、興味を引いた話しとしては、
「信頼性」の評価(=例えば、CGM系のレビュー内容、企業HPの内容)に関する点です。
例)ebayであれば「trust rate」(他でいえば、確率的近似法等が近い)などの手法を利用し、出品者と買い手のレビュー評価を実施することで、安心して利用者(出品者/買い手)が出来るよう、サービスの促進を行っている事例があるようです。
■人間が、オンライン情報をどのように信頼し評価しているか?
現実世界で、レストランを調べることを思い返してみてください。
「このレビューは本当に正しいの?」という疑問が、頭の片隅にある状態で、
予約した経験をお持ちの方もいらっしゃるのでしょうか?
発表で出てきた面白い一例ですが、
amazonの高評価レビューがよくついている、「1億2千万円のロボット」の例が挙げられてました。
kuratasu
kuratasu-2

さて果たして、このレビューに価値はあるのか?信頼性に値するのでしょうか?
「オンライン上の評判」だけでの情報の信頼度を図ると、
予期しない情報やノイズデータを含み、実態(≒現実世界)との乖離が起きる
可能性があります。
確かに、我々自身もレビューの中身を元だけで、信頼するいうわけではなく、
<仮、レストランの場合であれば>
・対象となるレビューの「お店の格や料理内容」から、そのレビューは本当かどうか?を個人の経験から推定
・対象となるレビューと“類似するレストラン(同地域の他のレストランとの比較)”との比較
・(そもそも)その情報に詳しそうな知り合いに聞いて、確証を得る。
等のプロセスを踏んでいるでしょう。
逆説的ですが、各自の行動や経験値から、「その情報が信頼に足る」かどうか?を決めているものと考えます。
■ソーシャルスコアが高さ=信頼性のある情報なのか?
先日のパリのテロがありましたが、
同時にtwitterで以下情報が拡散されていたことをご存知でしょうか?
“報復のため難民キャンプが燃やされた”
20151130
実は、本情報は完全なるデマだったようで、
日本人のソーシャル上では波及しましたが、実態と完全に異なる情報だったようです。
もちろん、ソーシャルスコアは、波及力を図る意味では一つの指標になりますが、
「情報の信頼度がある」とみなしづらいと考えます。
■まずは、情報の信頼度という視点も併せて、コンテンツマーケティングの第一歩を考えよう
「情報の信頼性」はこれからのビッグデータ時代に、「重要なWeb評価の一つ」になってくるものと考えます。
昨今のコンテンツマーケティングの文脈では、
「記事を増やしましょう」を見ましょうという、数のアプローチが主眼となっておりますが、
基本的な「情報の信頼性があるかないか?」という視点を前提に施策を検討していく必要かと考えます。
その新しく作った記事は、そもそも「よく読み込まれ、ユーザーになんらかのアクション」を促せているでしょうか?
また、ユーザーの検索行動の「流れに着目」し、適切にこたえているでしょうか?
Mierucaでは、検索ユーザーの行動に着目し、
『ユーザーの気になる』に、適切に答えるという為のコンテンツ検討、及びPDCAの検証が可能です。
■ユーザーの検索行動マップ(ニキビの例)
ニキビの芯を「どうすればよいか?」を知りたい(≒ソリューションを知りたい)
20151130-1
■滞在時間が長く、ユーザー回遊を促しているコンテンツページの特定
※閲覧力スコア × 誘導力スコアから、ユーザー行動を促しているページを抽出。
chart
ミエルカチームでは、引き続き『言葉に着目し、分析手法のR&D』を進めていきます。
(無料トライアルはこちらから:https://mieru-ca.com/
補足)「オンライン評価」と「現実の評価」の架け橋を作るのが現在のWEBのトレンドでありGoogleもユーザー行動の実態をつかもうと色々試みている。その流れは引き続き、強いトレンドになっていくだろうと強く感じました。

著者PROFILE

ミエルカ研究所 所長

ミエルカ研究所は、人工知能と言語処理の力で、「言葉」の持つ可能性を追及、研究していくための研究所です。
SEO&コンテンツマーケティング・オウンドメディア支援ツール「ミエルカ」を提供するFaber Companyが母体となってます。

関連記事

ミエルカを試しに使ってみたい方、
コンテンツマーケティングやSEOでお困りの方はこちら

運営会社

会社名 株式会社Faber Company(公式HP)
日本語表記 「ファベルカンパニー」と読みます。
所在地 [東京本社]
〒105-6923 東京都港区虎ノ門4-1-1 神谷町トラストタワー 23F
資本金 1億円
設 立 2005年10月24日
役 員
顧問・共同研究
  • 技術顧問高木友博 (明治大学理工学部情報学科教授)
  • 共同研究吉田光男(豊橋技術科学大学情報・知能工学系助教)
無料サイト診断
MIERUCA 無料サイト診断受付中