200万PVの事例も続々。750社が利用する、コンテンツマーケ・オウンドメディア・SEO管理分析ツール

ご相談はお電話でもお気軽にどうぞ

受付時間平日 午前 9:30 - 午後18:30

03-5545-5230

機能紹介
機能紹介
ニュース・新機能
ニュース・新機能
2017年8月29日

無料から始められるユーザー行動解析ツール「MIERUCA(ミエルカ)ヒートマップ」に「コンテンツの熟読度」を評価するCVTスコア機能追加~スマホ縦長ページで重要な「じっくり読んだユーザーの割合」を流入元別に分析~

企業のWebマーケティングを支援する株式会社Faber Company(ファベルカンパニー/本社:東京都港区、取締役社長:稲次正樹)は8月29日、無料から始められるユーザー行動解析ツール「MIERUCA(ミエルカ)ヒートマップ」に、各ページの熟読率(じっくり読んだユーザーの割合)をわかりやすく数値化する【CVT(コンテンツビュースルー)】機能を追加しました。

同機能が算出する「CVTスコア」により、熟読したユーザーと流し読みしたユーザーの比較と、その流入元別比較まで、簡単にできるようになりました。

■CVT機能とは

・「ページ全体を熟読したユーザー」「全体を流し読みしたユーザー」「一部熟読したユーザー」「ほぼ熟読なしのユーザー」の割合を、CVTスコアによって簡単に比較できる機能です。

・流入元別やページ別のCVTスコアを比較することで、流入元別の費用対効果を把握することが可能です。

・CVTスコアの元となる「熟読率」は、コンテンツの熟読度(ユーザーがじっくり読みこんでいる時間)や読了率(最後まで読み終わったユーザーの割合)などから、ミエルカ独自に算出しています。

CVTスコアの算出方法

流入×熟読率=CVTスコア

<CVTスコア計算例:流入元比較>

流入元A(直接流入)50流入 × 熟読率80%  = 40点
流入元B(ソーシャル)100流入 × 熟読率20%  = 20点
流入元C(自然検索)40流入 × 熟読率50%  = 20点
※上の計算例では、「ソーシャルも自然検索も類似の流入効果がある」と判断できる。

ページ全体で「全体熟読」「全体流し読み」「一部熟読」「ほぼ熟読せず」のユーザー割合を比較できるCVT機能

 

■CVT機能追加の背景

これからは、スマホの縦長スクロールにおける「ユーザー満足度」の分析が必須に

従来は、コンテンツのSEO効果や広告効果を検証する上で、PV(ページビュー)数などのアクセス数、あるいは検索順位が重要な指標とされてきました。しかし現在は、コンテンツ流入後のユーザー行動が検索順位に少なからず影響を与える時代に入っています。とりわけスマートフォンに特徴的な、縦長スクロールのページコンテンツにおいては、ユーザーの満足度を測る一手段として「熟読箇所(ページ内コンテンツのどの部分をユーザーが熟読したか?)」「読了率(何割のユーザーがページを読み終わったか?)」も併せて分析する必要性が出てきました。Faber Companyが提供する「ミエルカヒートマップ」では、ユーザー満足度をわかりやすく比較するために、こういった「熟読」に関する指標を独自にスコア化するCVT機能を開発しました。

 

ミエルカヒートマップの機能についてはこちら

※ミエルカヒートマップはミエルカの付帯機能だが、単発の機能としても提供。無料版あり。

https://mieru-ca.com/heatmap/

 

MIERUCA(ミエルカ)とは

ミエルカロゴ画像
人工知能(AI)の一分野である「自然言語処理」を応用し、検索ユーザーのニーズを抽出・分析、評価されやすいコンテンツづくりを的確に支援するWebマーケティングツール。クラウド上で「自社サイトの改善すべきページの抽出」「ライバルサイトとの差異の発掘」など、主にWebコンテンツ改善に活用できる機能が豊富。株式会社Faber Companyが10年以上経験を積んだSEO・コンテンツマーケティングのノウハウをシステム化し、2015年3月に産学共同でリリースした。導入企業は500社以上にのぼる。開発メンバーには、ウェブアナリストで当社CAO(Chief Analytics Officer)・小川卓に加え、国立大学豊橋技術科学大学情報・知能工学系の吉田光男助教、明治大学理工学部情報科学科・髙木友博教授、東京大学情報基盤センター・中川裕志教授ら、人工知能の権威が加わる。ソフトウェア特許を申請中。

株式会社Faber Company(ファベルカンパニー)とは

「日本の職人技と先端テクノロジーの融合」をコンセプトに、企業のWebマーケティングを支援。2005年の創業以来、クライアント企業のSEO施策、PPC(リスティング)広告運用、コンテンツ制作などの事業を展開。2013年からWebマーケティングツール「ミエルカ」を自社開発を開始。国立大学法人豊橋技術科学大学との共同研究を皮切りに、明治大学、東京大学との産学連携でWebマーケティング分野への人工知能の応用研究に力を注いでいる。

会社名: 株式会社Faber Company

所在地: 〒107-0052 東京都港区赤坂2-14-4 森崎ビル4階

代表者: 取締役社長COO:稲次正樹

資本金: 1億円

設立: 2005年10月24日

事業内容: MIERUCA(ミエルカ)事業、コンサルティング事業、サイトM&A事業

URL: https://www.fabercompany.co.jp/

 

本件に関するお問い合わせ先

株式会社Faber Company(ファベルカンパニー)  担当:井田(いだ)

TEL:03-5545-5230  FAX:03-5545-5231  pr@fabercompany.co.jp

 

MIERUCA(ミエルカ) コンテンツマーケティングツール
Mieruca(ミエルカ)は「改善すべきページの抽出」 「競合との差分発掘」「定期的な順位計測」「コンテンツ想起」など、WEB集客につながるシステムをクラウドで一つにまとめ ...
https://mieru-ca.com/
【無料】ヒートマップ分析ツール - MIERUCA(ミエルカ)
https://mieru-ca.com/heatmap/
ミエルカヒートマップは、スマホ時代に合わせたコンテンツ改善に便利な自動キャプチャ付き ...

著者プロフィール

ミエルカ研究所 所長


ミエルカ研究所は、人工知能と言語処理の力で、「言葉」の持つ可能性を追及、研究していくための研究所 です。
コンテンツマーケティングKPI管理、言語レコメンドツール「ミエルカ」を提供するFaber Companyが母体となってます。

Print Friendly