200万PVの事例も続々。750社が利用する、コンテンツマーケ・オウンドメディア・SEO管理分析ツール

ご相談はお電話でもお気軽にどうぞ

受付時間平日 午前 9:30 - 午後18:30

03-5545-5230

【ミエルカ機能】ファインダビリティ監視によるWEBサイト流入改善

WEBサイトを成長させていく中で、監視する一つのKPI(重要業績評価指標)として、アクセス解析による「流入数の増減」を調査していく手法があります。

ただ、一定のページ数を保持するWEBサイトになり、
「ビジネスに全く無関係の検索流入クエリ」も、流入数に加えて計測することで「サイトの流入が増えたが、実態として売上に繋がる一手が打てていない」問題が起きがちです。

具体的な例としては、

1:流入が増えたが、CV数(=売上)が落ちた。
2:ファインダビリティスコアを図っていなかった。
3:どのようなキーワードやテーマ群で「自社の検索順位が変動したか」を、知ることが出来ない。
4:(3と同時に)競合サイトの検索順位が上昇して、自社の検索順位が動いたのかが不明。
5:その結果、仮説の構築(売上が落ちた理由)と次の施策を決めきれない。

といったことが、現場では発生します。

事前に『ミエルカでファインダビリティスコアの設定』を行うことで、
アクセス解析による「流入数の増減」に加え、「検索エンジン上でのサイトパフォーマンスを確認する」KPIを
設計する事が可能です。

【ファインダビリティスコアの一例】
findability

【ファインダビリティスコアの活用例】
findability2

本チャートを定期的に監視することで、「検索エンジン上での露出度の増減」を確認でき、
より精緻な施策立案の一歩を踏み出すことが出来ます。
同時に、「競合サイトとの検索エンジン上でのパフォーマンスの差」をレポートすることが可能です。

Print Friendly