ミエルカTOP ミエルカジャーナル SEO インタースティシャルはSEOにどのくらい影響するのか?【SEO初級者によくある質問】
SEO

インタースティシャルはSEOにどのくらい影響するのか?【SEO初級者によくある質問】

公開日:2022.04.28

インタースティシャル

この記事では、SEO 初級者からよく聞かれる質問についてアドバイスします。今回取り上げる質問はこちらです。

インタースティシャル広告のSEOへの影響はどれくらいあるのでしょうか? コンバージョン確保のために出したいのですが、全体的に検索順位が下落気味なので停止するかどうか迷っています。

概して言えば、インタースティシャルが SEO に与える影響は限定的です。しかし、ユーザー体験に与える影響は無視すべきではありません。

インタースティシャルの概要

インタースティシャル (interstitial) とは、ページに覆いかぶさるようにして出現する、そのページとは別の表示領域です。一般的に、広告やアプリダウンロードなどのプロモーションだったり、サイト利用の年齢制限や Cookie受け入れのような同意確認などに用いられます。ポップアップやオーバーレイ、ダイアログと同類の表示手段です。

Google 検索のランキング要因であるページ エクスペリエンス シグナルには「煩わしいインタースティシャル」が含まれています。ユーザーのページ閲覧を著しく妨げるインタースティシャルを表示するページはユーザー体験が悪いとみなされ、検索ランキングが下がることがありえます。

煩わしいインタースティシャルのイメージ

煩わしいインタースティシャルのイメージ。左は、通常表示されるページ。真ん中は、ページ全体に覆いかぶさるインタースティシャル広告。右は、同じようにページ全体に覆いかぶさるアプリダウンロードのインタースティシャル。どちらもページのメインコンテンツがインタースティシャルのためまったく見えず、うっとおしく感じる。

ページ エクスペリエンス シグナルがランキングに与える影響は小さい

インタースティシャルをはじめとするページ エクスペリエンスは、たしかにランキングに影響を与える要素ではあります。しかし実際には、影響度は小さなものです。

ページ エクスペリエンスがランキングに与える影響について Google は次のように説明しています。

ページ エクスペリエンスは重要ですが、それでも Google は、ページ エクスペリエンスが劣っていても、全体的に価値の高い情報を含むページを上位にランキングするようにしています。つまり、いくらページ エクスペリエンスが優れていても、コンテンツが優れたページを上回ることはありません。ただし、関連性が同程度のページが多数存在する場合の検索ランキングにおいては、このページ エクスペリエンスが一段と重要になります。

※強調は筆者による

ランキングを決定する際にGoogle が最も重要視するのはコンテンツの関連性と信頼性です。ページ エクスペリエンスが関連性と信頼性を凌駕することはありません。しかしながら、関連性と信頼性が拮抗しているコンテンツが複数ある状況では、最終的な決め手としてページ エクスペリエンスが関わってくるかもしれません。

ページ エクスペリエンス シグナルの役割を説明する際に、”tie-breaker”(タイブレーカー)という表現を Google 社員はよく使います。タイブレーカーとは同点決勝のときに勝者を決める方法です。たとえば、サッカーの PK です。

中身がほぼ同じでどちらも役立つコンテンツで、

  • 片方はすぐに記事を読める
  • もう片方はウザいインタースティシャルがまず表示されて、それを手動で閉じてからやっと記事を読める

あなたは、どちらのページを知り合いに勧めますか? 答えは明白です(インタースティシャルがない前者ですね)。

このように、一般的にはインタースティシャル(とそのほかのページ エクスペリエンス シグナル)が実際に影響している検索結果はかなり限定されていると想定されます。明らかにインタースティシャルが原因で順位が下がった事例を僕は聞いたことがないし、(米国の)知り合いの SEO スペシャリストたちに聞いても知らないようでした。

したがって質問者のケースでも、順位が下がったのがインタースティシャルによる可能性は低いのではないでしょうか。

とはいえ、実際にページを見ていないので断定はできません。インタースティシャルを一定期間停止してランキングの変化を観察するのもいいでしょう(この場合でも、ランキングに変化があったとしてもインタースティシャルによるものとは断定できない。Google はアルゴリズムを絶えず調整しているし、新しいコンテンツが日々公開される)。

インタースティシャルがランキングに影響しているかどうかを調べる方法

インタースティシャルに関してよく聞かれる質問には次のようなものもあります。

自分のサイトで掲載しているインタースティシャルは、煩わしいインタースティシャルに該当するのでしょうか?

残念ながら、インタースティシャルが煩わしいと判断されているかどうかを確認する方法はありません。検証するツールも状態を報告するレポートも Google は提供していません。自分たちで判断するほかないのです。

朗報として、インタースティシャルがユーザー体験を阻害しているサイトに対して Search Console 経由で通知を送信する仕組みを Google は(試験的に?)始めているようです。

もしこの通知を受け取ったとしたら、煩わしいインタースティシャルだとして間違いなくみなされているでしょう。すみやかな対応が求められます。

Google のランキングには影響しなくてもユーザー体験には影響する

全体としては、インタースティシャルは Google 検索のランキングにはほとんどの場合は影響しないと考えられます。そうは言えど、ユーザー体験という観点では確実に影響します。多くの場合は、ネガティブな影響です。

インタースティシャルに対するユーザーの反応をツイッターで探してみました。

僕も個人的にはインタースティシャルは大嫌いです。出現した瞬間に閉じます。内容を見ることはまずありません。

このようにインタースティシャルを嫌うユーザーが存在する一方で、インタースティシャルがコンバージョンに寄与する場合があることもまた事実でしょう。世の中にインタースティシャルが存在する理由です。

インタースティシャルは、ユーザー体験の低下とコンバージョンの上昇のトレードオフと言えるのではないでしょうか。多少のユーザーを切り捨ててでもコンバージョンを優先するか、あるいは長期的な視点でリピート訪問してくれるユーザーを増やすのかの選択になるかもしれません。インタースティシャルが本当にビジネスに貢献しているかどうかは、A/Bテストのようなユーザーテストで検証することを推奨します。

著者PROFILE

鈴木謙一
鈴木謙一(すずき けんいち)

株式会社 Faber Company 取締役 Search Advocate(サーチ・アドボケイト)。「海外SEO情報ブログ」の運営者。正しいSEOをウェブ担当者に習得してもらうことをミッションに掲げている。検索関連のカンファレンス/イベントの取材やセミナーでの講師が Faber Company での主な役割。最近では、海外カンファレンスでの登壇も経験している。海外SEO情報ブログは、日本では、最も有名な SEO をテーマにしたブログの1つ。Google 公式ヘルプコミュニティのプロダクトエキスパートとして認定を受けており、Google 社員とのつながりも深い。

SEOセミナー
SEOの知識を得られる!オンラインセミナーにも是非ご参加ください(無料)

 

関連記事

ミエルカミエルカでできること

  • 1検索ニーズを自動調査できる

    検索ユーザーの検索意図をAIが自動分析
  • 2サイトの改善点がわかる

    競合サイトとの順位状況を瞬時に比較
  • 3プロにSEO相談できる

    改善ページを特定し、改善提案
オンライン対応可

運営会社

閉じる
無料サイト診断
閉じる
MIERUCA 無料サイト診断受付中