ミエルカマーケティングジャーナル webマーケの基礎から応用まで学ぶ!

ご相談はお電話でもお気軽にどうぞ

受付時間平日 午前 9:30 - 午後18:30

050-3645-7921 (03-5545-5230)

ミエルカTOP ミエルカジャーナル 【2021年版】YouTubeのSEO施策を完全網羅で解説 ~アルゴリズムの傾向、キーワード選定法、ユーザーに好まれる動画の作り方について~
SEO

【2021年版】YouTubeのSEO施策を完全網羅で解説 ~アルゴリズムの傾向、キーワード選定法、ユーザーに好まれる動画の作り方について~

2021.06.10 2021/7/14

YouTube は、秒単位で大量の動画がアップロードされ続けています。コンテンツが豊富なのは視聴者目線では嬉しいことですが、制作者からするとライバルが多いわけです。よって、それなりにYouTubeのSEO施策をしておくべきなのですが、おざなりなSEO施策しかしていない企業がまだ多いです。Google検索とYouTubeで上位表示するために何をすればいいのか、順を追って解説します。
YouTubeコンサル中山順司

【目次】

YouTubeのSEO施策とは
YouTube検索でアルゴリズムが見ていると考えられるモノ
YouTubeに最適化した動画とは?
テクニカルなYouTubeSEO施策
動画を拡散する
YouTubeアナリティクス
YouTubeはSEOだけに取り組んでいればいいのか?
youtubeのSEOを解説

YouTubeのSEO施策とは

ひとことで言うと、いかにYouTubeで上位に表示されて動画を再生してもらえるか考えること。GoogleでのSEOと変わりません。YouTube上で検索したとき、検索上位に表示させることで、多くのユーザーに視聴してもらうことが目的です。
近年、YouTubeチャンネルを始める企業も増えている印象です(2021年時点の、僕の肌感覚ですが)。しかし、ただ動画をアップロードしただけで十分な視聴回数を得られるかというと…そうではありません。大量のコンテンツが生み出されるYouTube上にはライバルも多く、一筋縄ではいかないのが現実です。
YouTubeでの検索上位表示を狙うなら、それなりのYouTube SEO対策を練る必要があります。もちろん、動画のタイトルや概要欄にキーワードを詰め込む…などという小手先のテクニックは通用しません。
やっておいて当たり前レベルの基本的テクニックはありますが、それ以外にも「アルゴリズムを理解する」「キーワードを選定して意図をつかむ」「意図に応えて支持を得られる動画をつくる」等、すべきことがたくさんあります。

YouTube検索でアルゴリズムが見ていると考えられるモノ

YouTubeのアルゴリズムで、僕が意識している3つを紹介します。

[1]関連性

タイトルや概要欄、動画の中身と検索キーワードが、しっかりマッチしているのは基本中の基本です。が、意外に抜け漏れがあるものです。
たとえば、「新橋 サウナ」で検索すると、1位の動画タイトルには「新橋」「サウナ」がありますが、2位には「新橋」がありません。もったいないですね。
YouTubeの動画タイトル付け

[2]パフォーマンス

動画のパフォーマンス…つまり、どれくらい見られたか?離脱されなかったか?も大事です。再生時間と再生回数の表面的な数値に加え、視聴者維持率にも注目しましょう。
視聴者維持率とは、視聴者が動画をどれくらい見続けたかを示す指標で、高ければ高いほど良いです。「離脱されにくい=視聴者の興味を維持できている=動画のパフォーマンスの高さの証明」になります。
視聴者維持率は何%が良いのか?に明確な回答はないですが、目安として10分前後の動画なら40%はほしいところ。
7~8分なら45%あれば及第点。50%を越えたらかなり良い…と考えてよいでしょう。
視聴者維持率
ちなみに、YouTubeの検索結果は総再生数順に並ぶわけではありません。再生数が低くても上位表示することはザラです。YouTubeは新しいコンテンツを比較的ポジティブに評価する傾向があるので、それも理由の一つです。
よって、「競合の再生数が凄い…勝てる気がしない…」などと、あきらめる必要はありません。

[3]ユーザーのフィードバック

フィードバックには、直接と間接の2種類あります。
当然、どちらもアクティブであるほど良い傾向です。

直接的フィードバック
  • 評価(高い or 低い)
  • コメント数
  • SNSへのシェア
  • ユーザーのフィードバック
    企業の運営するチャンネルだと、コメント欄が荒れたらどうしよう?という気持ちから閉鎖の方向に流れがちです。ただ、筆者はオープンにするほうが良いと考えます。
    理由は「よほどの事がない限り誹謗中傷はないし、仮に荒らしコメントが来ても非表示にできる」から。万に一つのリスクを恐れて、視聴者からのフィードバックの機会を閉ざすのはもったいないです。
    視聴者からのコメント

    ※感謝や賞賛のメッセージが届くこともあり、むしろ励みになります。

    間接的フィードバック
  • 最後まで視聴したか
  • 関連動画をクリックしたか
  • こちらは、YouTubeアナリティクスで調べる部分です。
    視聴者維持率がひとつの指標となるでしょう。動画を観た視聴者の行動はアルゴリズムの1つに入っている可能性があります。そもそもエンゲージメントの高い動画(視聴者にポジティブなアクションを沢山起こしてもらえる動画)が好ましく、SEOの観点からもメリットがあると僕は考えています。
     

    YouTubeに最適化した動画とは?

    YouTubeのアルゴリズムが何を好み、何を高く評価するのか…はブラックボックスなのでシンプルな答えはないですが、ハッキリしていることがあります。
    それは「エンゲージメントの高いコンテンツを提供する」こと。つまるところ、視聴者が面白いと感じるコンテンツをYouTubeは高く評価します。よって、アルゴリズムよりもターゲットに刺さるのか?見たくなる動画か?
    を第一に考えましょう。
    エンゲージメントの高いコンテンツとは、以下を満たす動画です。

    エンゲージメントの高い動画
  • 「高評価」が多い
  • 「総再生時間」が長い
  • 「視聴者維持率」が高い
  • 「後で見る」をされやすい
  • 「コメント」が多い
  •  
    なかでも重要なのが、総再生時間視聴者維持率です。再生回数ではなく、再生時間です。再生されても「つまらない」と思われて、すぐ離脱される動画では、再生数は多いけど、総再生時間は積みあがらず、エンゲージメントは高くない、と判断されます。
    逆に再生回数は平均だけど、最後まで視聴される動画は総再生時間が伸びやすく、アルゴリズムに評価されやすくなります。

    【動画SEO】検索ユーザーに必要とされている動画コンテンツとは

    テクニカルなYouTubeのSEO施策

    テクニカルな部分にも触れておきましょう。
    以下に紹介する内容は、これをすれば検索上位間違いなし!という施策ではなく、やって当たり前な必要条件とお考えください。

    動画単位でのYouTubeSEO施策

    ■メタデータ:タイトル、概要欄、タグ、ハッシュタグ
    Google と YouTubeに動画内容を適切に伝えるために、テキストの補足は必須です。
    タグは他の動画のサイドバーに関連動画として表示されるのに使われますし、ハッシュタグは検索時に使われます。
    ■タイムスタンプとチャプター機能
    概要欄に下記のようなタイムスタンプを記載しましょう。目次の役割を持たせられます。
    タイムスタンプ
    また、タイムスタンプの始まりを 00:00 に設定すると、下記のようなチャプター(動画の区切り)が有効になります。これによって、視聴者は観たい場面へジャンプできるようになって便利です。
    動画のチャプター
    ■カード
    YouTubeのカードとは、あらかじめ設定しておいた動画ページを5秒間ポップアップ表示させられる機能のこと。視聴者にアクションを促す=エンゲージメントを高める方法として効果的です。上手く使えば、他の動画や再生リストに誘導でき、一人当たりの再生回数、総再生時間を伸ばせます。
    設定すると、動画の右上にカードが表示されます。
    card_youtube_1
    このカードを視聴者がクリックすると動画も表示されるので、観て欲しい動画コンテンツを案内することができるのです。
    youtubeカード
    ■サムネイル
    動画は、サムネイルのクオリティーでCTR(クリック率)が大きく左右されます。
    ジャンルや視聴者属性も関係するので、サムネイルに正解はありません。色やテキスト数、文字の色、表現の方法をABテストで検証して、自社ならではの勝ちパターンを見つけましょう。検証期間に決まりはありませんが、およそ1〜2週間あれば傾向は十分つかめるかなと僕は思います。

    CTRの一般的な評価
  • 4%:合格ライン
  • 5%:OKライン
  • 6〜8%:ナイスなライン
  • それ以上:グレイト
  • ※YouTubeの場合
    下記は、うちが運営する「ミエルカチャンネル」で行ったサムネイルの改修のビフォーアフターです。
    左がビフォーで右がアフター。右のほうがメッセージが瞬時に目に飛び込み、クリックしたい気持ちになりませんか?施策後にCTRが2%向上した例もありました。
    サムネイル
    超大事なわりに、適当なクオリティで済ませている企業チャンネルは非常に多い印象です。
    以下の3つは、サムネイル制作時に思い出してほしいことです。

    サムネイル制作時に思い出してほしい3つのこと
    1.スマホで読めるか?
    (文字が小さすぎないか)
    2.目で視認しやすいのか?
    (黄色背景に白文字等になっていないか)
    3.文字数が多すぎて読む気が失せないか?
    (クリックするかしないかは瞬時に判断される)

    YouTubeチャンネルのSEO施策

    ■概要欄
    youtubeの概要欄
    空っぽになっているチャンネルがありますが、もったいなさすぎます。
    だれが、何の目的で、誰向けに、どうなって欲しくて発信しているチャンネルなのか…?をしっかり記載しましょう。
    公式サイトURLSNSリンクお問合せのメールアドレスもオススメの記載情報です。
    ■動画の説明欄
    youtubeの説明欄
    その動画の内容をテキストで補足できる場所です。関連リンクや動画の導線を設けることもできます。ときどき、全ての動画に同じ文章が掲載されているチャンネルがありますが、SEO視点でいうとあまりオススメできません。内容とテキストの乖離が生じるからです。
    ■ヘッダー画像を設定する
    youtubeのヘッダー画像
    設定しなくても問題はないですが、せっかく会社の看板でやっているYouTubeチャンネルなのですから、キレイに整えておくのが良いでしょう。見た目の印象で「チャンネル登録するか、しないか」を決めることもあるものです。
    ■ロゴを設定する
    youtubeのロゴ
    ヘッダー画像と同様です。せっかくですから、ここの手間もいとわないように。
    ■再生リストを作る
    youtubeの再生リスト
    ある程度、動画本数が貯まってからで構いませんが、カテゴリで分類しておくことをオススメします。特定のテーマに興味を持った視聴者がまとめて過去動画を見るときの助けにもなります。

    動画を拡散する

    良い動画コンテンツをつくり、やるべきSEO施策も実施したら、露出効果を高めるために、できる限り拡散しましょう。

    ■ブログやオウンドメディア記事に動画を埋め込む

    自社のオウンドメディアがあれば、記事に動画を埋め込むのも良いでしょう。視聴者のためにもなりますし、オウンドメディアの記事から動画コンテンツへの被リンクが増えることにもなります。

    ■SNSで拡散

    SNSで拡散される=順位に影響する…とは考えにくいものの、メンション(話題にされる機会)が増える視聴回数が増える、というプラスの効果はあります。動画公開時に自社SNSを駆使して拡散にするのはマストです。

    YouTubeアナリティクス(YouTube Analytics)で動画を分析・改善する

    本記事ではYouTubeアナリティクスの使い方、見方については割愛しますが、施策の効果があったかどうかは、YouTubeアナリティクスで確認しましょう。効果が現れていれば、必ず数字に跳ね返ってきます。

    ▼【初心者向け】YouTubeアナリティクスで動画を評価・改善するために見るべき数値

     

    YouTubeはSEOだけに取り組んでいればいいのか?

    ここまで散々、YouTubeに関するSEOについて語っておいてなんですが、じつはYouTubeはSEOさえやっていれば安泰…ではありません。むしろ、YouTubeは検索以外の流入が大半で、検索流入は意外に少ないのです。
    チャンネルにもよりますが、検索経由は10%以下になることも多いです。では大半のトラフィックはどこから生じているかといいますと、以下のような感じ。

    主なトラフィック
  • ブラウジング
    トップページやホーム画面、登録チャンネルのフィードからのトラフィック
  • チャンネルページ
    自分のYouTubeチャンネルページ、他のYouTubeチャンネルページ、トピックチャンネルページからのトラフィック
  • 関連動画他の動画の横、または動画再生直後に表示される関連枠
  •  
    …このように、YouTube特有の流入経路のほうが重要だったりします。
    ですので、アルゴリズムを理解し、キーワード選定で意図をつかむだけで満足することなく、『視聴者が喜ぶ、視聴者の期待に応える動画』を作ることにパワーを注いでほしいです。
    YouTubeチャンネルの運用で迷っている方は、お気軽にご相談ください。

    YouTubeチャンネルご相談窓口

     
    動画集客を支援するツール「動画ミエルカ(DOUGA MIERUCA)」を無料で体験でき、僕がチャンネルのコンセプト策定や企画の相談に応じることもできます。
    (ツールの無料体験・僕への無料相談、どちらかだけでもOKです)
    YouTubeコンサル無料相談
    現在(2021年)サービスをリリースしたばかりなので、無料相談を積極的に承っています。
    このタイミングにぜひ、御社のYouTubeチャンネルを伸ばしてください。

    著者PROFILE

    YouTubeコンサルタント・中山 順司(なかやま じゅんじ)

    コンテンツ・エバンジェリスト&YouTube 『ミエルカチャンネル』事務局。freeeで税務/会計/人事労務領域のB2B オウンドメディア『経営ハッカー』を月間400万PVに成長させた後、株式会社 Faber Companyへ。 『ねとらぼ』『MarkeZine』等で連載。個人でYouTubeチャンネルも運営する。

    編集者PROFILE

    前田 絵理(まえだ えり)

    雑誌編集者からWeb業界へ転身し、事業会社のオウンドメディア編集長に就任。検索流入を7倍に増加させた成功体験がキッカケで、株式会社Faber Companyへ入社。現在はマーケターとして、各種セミナーへ登壇中!
    講演実績:Web担当者ForumMarkeZine(マーケジン)
    Twitterアカウント:@Eri_Marke

    関連記事

    ミエルカを試しに使ってみたい方、
    コンテンツマーケティングやSEOでお困りの方はこちら

    SEO・コンテンツの課題を相談

    無料トライアルをご希望の方はこちらから。
    お申込み簡単30秒

    会社名 必須
    必須 必須
    メール 必須
    電話番号 必須 在宅勤務の場合は携帯番号をお願いします。
    ご相談事項 任意
    資料をダウンロードする

    運営会社

    会社名 株式会社Faber Company(公式HP)
    日本語表記 「ファベルカンパニー」と読みます。
    所在地 [東京本社]
    〒105-6923 東京都港区虎ノ門4-1-1 神谷町トラストタワー 23F
    資本金 1億円
    設 立 2005年10月24日
    役 員
    顧問・共同研究
    • 技術顧問高木友博 (明治大学理工学部情報学科教授)
    • 共同研究吉田光男(豊橋技術科学大学情報・知能工学系助教)