SEO流入増。オンラインで商談・問い合わせ増加を達成。
1,500社が利用するコンテンツマーケ・オウンドメディア・
SEO対策分析サービス

ご相談はお電話でもお気軽にどうぞ

受付時間平日 午前 9:30 - 午後18:30

050-3645-7921 (03-5545-5230)

ミエルカ通信
2021年1月22日

【動画解説】リッチリザルトとは?種類と表示方法、注意点について<ミエルカチャンネル>

そもそもリッチリザルトとは、通常の青色リンクだけの結果よりも高度な機能を持ち、検索結果に「画像やカルーセルなどテキスト以外の要素」を含めることができます。


そして、リッチリザルトはCTRに強く影響を与える可能性があり、サイトの種類や業種によっては、リッチリザルトに表示されることで大きな効果が望めます。サイトの内容に合わせて必要なものを選び、マークアップしましょう。

リッチリザルトとは?

アヤカ:リッチリザルトってよく聞くけど、どういう意味なんですか?

コマル:これは、当初はリッチスニペットと呼ばれていたんですが、今はこの名称に変更になりました。意味は変わらず、「通常の青色リンクだけの結果よりも高度な機能を持っていて、検索結果に「画像やカルーセルなどテキスト以外の要素」を含めることができます」

リッチリザルトとは?

リッチリザルトとは?

通常検索だけではなくて、画像検索おいても「何のページなのか(商品orレシピ)」を示すバッヂであったり、在庫情報や値段などの情報が表示されることも

アヤカ:見たことあります。

コマル:あと、最近では料理の手順が音声検索結果として採用されることもあって、これも一種のリッチリザルトと言えます。名称変化のとおりスニペット(検索結果ページ)よりリザルト(結果)として定義が広くなっている感があります。

アヤカ:では、リッチリザルトのメリットってあるんですか?

コマル:まず、言葉の通り検索結果がリッチになるのでユーザーの目にとまりやすくなります。目にとまるということはつまりCTRが高まります

例えば、希少な商品を探している際に検索結果に「在庫あり」と記載されていたら優先的にクリックしたくなりませんか?頭の中で「在庫あるかなー」って考えながら検索してるなら尚更ですよね。

アヤカ:なるほど、たしかに。

コマル:また、検索意図にマッチしたユーザーの流入が期待できるかもしれません。
低カロリーの料理を探している人にカロリーが提示されているサイトがあればそのユーザーが探している情報か否か事前に示せますよね。検索結果自体にユーザーが探しているかもしれない情報に関わる要素が提示される可能性があるということです。

アヤカ:でもそれって、検索結果画面だけで完結するユーザーがいるなら、記事がクリックされないパターンってないんですか?

コマル:良い質問ですね。たしかに当時はそういう風に言われていました。でも、今の例、レシピであれば、カロリーが表示されているっていうのはそこで何かが解決するわけではないので、クリックするテンションが上がるか下がるかだけの問題です。で、ここで問題なのは、例えばFAQ(よくある質問)っていうリッチリザルトがあります。質問に対してその答えも検索結果に出てしまうものです。

アヤカ:あ、ありますね!

コマル:で、そうすると実際にそのサイトに入らなくても検索結果画面だけで解決してしまうから。でも、結果だけでいうとセッションは減りませんでした。確固たる明確な理由はわかりませんが、おそらくリッチリザルトって情報のちょい見せなので、もっと読みたくなるというテンションがあがるというだけだからです。で、リッチリザルトの影響でセッション及び売上がさがった例は僕は聞いたことがありません。

アヤカ:へ〜ないんですね。

コマル:加えると、FAQのようなコンテンツはセッションを目的としているわけではなく、ユーザーの疑問に答えることが目的なのでセッションしなくてよいです。コミニュケーションコストが下がって人件費がさがったという話もあります。(FAQをみつけられなかったユーザーが電話やメールで問い合わせてきたことへの対応が必要だから)

なので、結果としてはそのような懸念は考えなくても良いかと。

アヤカ:それは、クエリによって変わるものではないんですか?

コマル:クエリによっても変わることはあるかもしれませんが、例え、他サイトより順位が低くてもクリック率で上回る可能性すら秘めています

あと、最後のメリットとしては、通常検索以外での流入経路も増やすことができるかもしれません。たとえば、Googleが提供する機能として「しごと検索」があります(これは求人情報が記載されているページを検索する機能)その機能内に採用されたり画像検索などがリッチになれば、画像検索経由で流入してくれる人がでてくるということです。

アヤカ:これって、画像検索でバッヂがついていなくても流入経路は増えるんですか?

コマル:しごと検索に採用される可能性もありますし、あと特別枠があるんですよ。普通のオーガニック検索ではなくて、例えばレシピだったら4つくらい特別枠に採用されたりだとか。なので、色々な意味合いで流入経路増やすことができるかもしれません。

リッチリザルト特別枠

リッチリザルト特別枠

リッチリザルトとして表示させるには?

アヤカ:リッチリザルトとして表示させるにはどうしたら良いんですか?

コマル:まずはGoogle検索デベロッパーガイドといった公式のドキュメントがあるので、そちら確認することを推奨します。

https://developers.google.com/search/docs/data-types/article?hl=ja

このdcの中にリッチリザルトに必要な要件などが記載されています。

リッチリザルトを表示させる前提として、リッチリザルトの対象となるコンテンツタイプでなければいけません。当たり前の話ですが、レシピのリッチリザルトを表示させたいのであればレシピを扱っているページである必要がある、商品であれば商品を扱っている必要がある、イベントであればイベント扱っている必要があるとか。

その上で基本は構造化データをマークアップする必要があります。構造化データとはGoogleのクローラーにテキスト情報やコンテンツ内容を適切に理解してもらう記述・マークアップをすること。

で、リッチリザルトが表示される権利を得るためは、この構造化マークアップをする必要があります。つまりちょっとしたコードを記載しなければなりません。ただそんなに難しい内容ではないです。

この構造化データに関しては詳しく別途解説している動画があるので参照ください。

【構造化データとは?】テストツールやメリット・デメリットを徹底解説
https://www.youtube.com/watch?v=-OdyvYU-A5E

アヤカ:ふむふむ。

コマル:もしくはSearch Consoleでデータハイライター機能を利用してリッチリザルト対応することができます。

Search Consoleのデータハイライター機能

データハイライターを利用しすればコードを書かなくても構造化マークアップしたのと同等の結果を得られます。ただし、全てのリッチリザルトに対応しているわけではありません。

  • 記事
  • イベント
  • 地域のお店やサービス
  • レストラン
  • 商品
  • ソフトウェア アプリケーション
  • 映画
  • テレビ番組のエピソード
  • 書籍

これらアイテムタイプがデータハイライターがサポートしているリッチリザルトです。

これら以外アイテムタイプではデータハイライターは利用できず構造化マークアップをする必要がある。そして機能的に縛りがある部分もあるので、コードが理解できるなら構造化マークアップの方をおすすめします。

構造化データをマークアップ、データハイライターを利用してください。この双方対応していなくてもリッチリザルトが表示されるケースもあります。ですが稀なので、表示させる可能性をあげたいのであれば対応した方がよいでしょう。

アヤカ:SEO初心者であれば、データハイライターだけで十分ですか?それともまだ足りないですか?

コマル:いや、初心者であればデータハイライターで十分だと思います。ただ、データハイライターって画像を見ながらその画像に当てはめていくんですよ。

データハイライター

だから逆に使いづらいという人も聞くことがあります。

アヤカ:ではできる限り、構造化データで自分でマークアップした方が良いんですね。

コマル:そうですね。そこまで難しくないですし、構造化データの方が僕個人的には使いやすいと思っています。

リッチリザルトの種類

アヤカ:では、リッチリザルトの種類はどういうものがあるんですか?

コマル:こちらも一覧がGoogle検索デベロッパーガイドにありますので見てください。
https://developers.google.com/search/docs/data-types/article?hl=ja

ただし、英語版が最新版であり、日本語版は少し更新が遅れるかもしれません(最新の情報ではない)こともあるので注意してください。

で、このGoogle検索デベロッパーガイドで紹介されているリッチリザルト対象のアイテムタイプの中からいくつか紹介させていただきます。

商品
商品のレビューや価格や在庫情報などを通常検索や画像検索に表示されます。

リッチリザルトの種類

レシピ
レシピの調理時間やカロリーや手順などが通常検索や画像検索に表示されます。
更に検索結果内のレシピ枠(特別枠)に採用される可能性もある
非常に目立ちます。

リッチリザルト レシピ

FAQ
特定のトピックに関する質問と回答の一覧が通常検索に表示されます。
各質問をクリックすると回答が表示される形です。

リッチリザルト FAQ

求人
しごと検索と呼ばれる機能内に自サイトのページが表示されます。
しごと検索は求人情報が記載されているページを検索する機能、主に求人系サイトであれば対応すべきリッチリザルトですが、一般サイト内に記載している求人情報でもしごと検索内に表示される(そこに乗る)こともあるので求人に力を入れている企業であれば利用してもよいかもしれません。

リッチリザルト 求人

パンくずリスト
ページ内に設定されているパンくずリストが通常検索に表示されます。
該当ページがどの階層・カテゴリに属しているかひと目でわかるようにあります。

リッチリザルト パンくずリスト

アヤカ:けっこう種類たくさんあるんですね。

コマル:そうですね。紹介したタイプ以外にもリッチリザルトに対応されているアイテムタイプは沢山あります。ご自分の取り扱っているサイト・コンテンツに対応したアイテムタイプが存在するかをまず確認してみてください。

リッチリザルト 種類

で、今いくつか例を紹介しましたが、タイプによって全く見え方異なりましたよね?
リッチリザルトは種類によって表示領域やインパクトが全く異なるので業種によっては対応が必須といえるもの(レシピ系サイトやECサイトや求人サイト)もあれば、パンくずのように見え方インパクトが低いものがあるのでこのような違いがあることも覚えておくとよいでしょう。

リッチリザルトの注意点

アヤカ:リッチリザルトの注意点ってありますか?

コマル:これもいくつかあります。

  1. リッチリザルトは、関連したクエリでないと表示されない
    例えば「クッキー 作り方」と検索すればレシピに関連したリッチリザルトが表示されますが、「クッキー ビスケット 違い」では、レシピ系のリッチリザルトは表示されない。レシピを探す意図と知識を探す意図の差によるものです。同じページ内に同じコンテンツが用意されていたとしても検索ユーザーの意図に近いものでないと検索結果に表示されないです。
  2. また、正しく対応したとしても(構造化マークアップ&データハイライターを設定した)必ずしもリッチリザルトとして表示されるわけではない
    表示されるか否かはあくまでGoogle任せであって、クエリとマッチしていて、リッチリザルト対応をしていて、Googleが表示させる価値があると判別しなければリッチにリザルトされません。
  3. ガイドラインを守る必要がある
    各アイテムタイプごとにガイドラインが定められています。
    例えば、「商品に関するマークアップは単一の商品ページに有効で、商品カテゴリにマークアップしてはいけない」「レシピに関するマークアップは特定の料理の作り方に有効で、パーティのアイデアのようなコンテンツ内にマークアップしてはいけない」

で、今回はわかりやすいように一部を紹介しましたが、もっとたくさんあります。
で、このガイドラインに違反してしまうとリッチリザルトに表示される権利が剥奪される可能性もあります

アヤカ:これ一つ間違えたら手動対策にもなりかねないですね。

コマル:そうですね。ただ、手動対策といっても順位を落とすとかそういうペナルティではなくて、あくまでリッチリザルトに表示する権利を剥奪することです。

アヤカ:なるほど、コンテンツ削除とかはないんですね。

コマル:そういうことは全くないので、大丈夫です。リッチリザルトはCTRに強く影響を与える可能性があります。そして、基本的にデメリットはありません
ご自分の取り扱っているサイト・コンテンツに対応したアイテムタイプが存在するなら是非対応検討してください。

アヤカ:非常に勉強になりました。ありがとうございます!

ミエルカチャンネル

「SEO初心者、Webマーケティング担当者、コンテンツマーケティングに取り組んでいる人、オウンドメディアを運営している人」向けにSEOの具体的な手順や手法の解説、Googleが発信した情報やガイドラインの解説、アルゴリズム変動速報を発信しています。

▶︎チャンネル登録はこちらから

おわり

MIERUCA(ミエルカ) SEO&コンテンツ作成ツール- コンテンツマーケティング・オウンドメディア集客なら
MIERUCA(ミエルカ)は「改善すべきページの抽出」 「競合との差分発掘」「定期的な順位計測」「コンテンツ想起」など、WEB集客につながるシステムをクラウドで一つにまとめ ...
https://mieru-ca.com/
【無料】ヒートマップ分析ツール - MIERUCA(ミエルカ)
ミエルカヒートマップは、スマホ時代に合わせたコンテンツ改善に便利な自動キャプチャ付き ...
https://mieru-ca.com/heatmap/

著者プロフィール

写真 中山 順司(なかやま じゅんじ)
コンテンツ制作が三度の飯より好きな Faber Company のコンテンツ・エヴァンジェリスト。freeeのオウンドメディア『経営ハッカー 』 元編集長。2005年からブログを始め、会社員の傍らロードバイクメディアを運営中。趣味の自転車を中心に、エンタメ、育児、教育、ガジェット、ディープ過ぎる取材等、さまざまなwebメディアで企画・執筆に携わる。 2013年にITmediaに寄稿した「キモいお父さん」記事がネットをざわつかせ、それがキッカケで書籍出版を果たす。「お父さん キモい」で検索するとSERPsを自分が(ほぼ)独占してしまうのが目下の悩み。
Print Friendly

MIERUCA導入事例

縮小市場で流入数 前年比172%! 富士フイルムの「写真年賀状サービス」 [富士フイルム株式会社]
コンテンツ制作未経験者の2人が、月間ユーザー数を4倍にまで成長させた施策とは?金融オウンドメディア成功事例 [山陰合同銀行]
セッション数8.5倍、年間7000件超の見込み顧客を獲得!『記事構成シート』がコンテンツ制作の鍵 [株式会社ジャストシステム]
検索流入が前年比165%!5年間熱望した「確定申告」でついに上位表示! [弥生株式会社]
施策・効果の具体的なレポートを社内に明示しやすくなった [SBIホールディングス株式会社]
売上は昨年の6倍。手作りアルバムの需要が減っても成長し続けた方法とは? [いろは出版株式会社]

ミエルカを試しに使ってみたい方、
コンテンツマーケティングやSEOでお困りの方はこちら