ミエルカTOP ミエルカジャーナル コンテンツマーケティング 【2024年最新】コンテンツ制作とは?目的や流れ、必要なスキルなどを解説
コンテンツマーケティング

【2024年最新】コンテンツ制作とは?目的や流れ、必要なスキルなどを解説

公開日:2024.07.04
【2024年最新】コンテンツ制作とは?目的や流れ、必要なスキルなどを解説

 コンテンツ制作は、マーケティングの中でも代表的な施策の一つです。コンテンツを制作する目的は様々ですが、一般的には、ブランドや製品、企業の認知を拡大させたり、売上をあげるために行われます。コンテンツには様々な種類があり、その種類によって、求められるスキルも変わってきます。本記事では、コンテンツ制作の目的や流れから、必要なスキル、良質なコンテンツの基準、AIを利用する際の注意点まで詳しく解説しています。

山田 明裕
監修:株式会社Faber Company 取締役 山田 明裕

東京都中野区出身、学習院大学経済学部経済学科卒業。コンテンツSEOの実践による上位表示実績多数。2012年、コンテンツSEOのさらなる追究を目的としてFaber Companyに入社した後、一貫してコンテンツSEOの実践・検証に取り組んでいる。

\Web担当者必見!質の高いコンテンツを作るには?/

【無料】コンテンツマーケティングの正しい進め方

無料ダウンロード

コンテンツ制作とは?

 コンテンツ制作とは、特定の目的やターゲットに向けて情報やメッセージを伝えるための素材を作成することです。コンテンツには、様々な種類があります。わかりやすい例で言えば、Web上にアップされている記事や、駅などに貼ってある広告画像、YouTubeに掲載されている動画などが挙げられるでしょう。いずれも、企業や個人が、認知を拡大させるためや、売上を最大化するため、顧客との関係性を築くために行われています。

 コンテンツ制作の目的と重要性

 コンテンツ制作が重要である理由は、ターゲットに価値のある情報を提供し、ターゲットと企業の間の関係を強化することができるからです。よって、「ターゲットと企業の間の関係を強化すること」が、コンテンツ制作の目的であると言えます。

 しかし、「ターゲットと企業の間の関係を強化すること」という目的は、かなり抽象的で、イメージしづらいですよね。具体的には、次のような目的が挙げられます。

①企業やブランドの信頼性や認知度を高める

 正確な情報を伝えることで、企業やブランドへの信頼性が高まり、多くの人に見てもらえるようになります。また、多くの人に見てもらうことで、認知を拡大させることができます。

②リードの獲得

 顧客の課題や悩みに対して、コンテンツを通じて解決策のヒントを提供することで、リード獲得に繋げることができます。また、課題やニーズを明確に自覚していない潜在顧客に対して、コンテンツを通してニーズを明確にしたり、悩みを整理することで、解決策を獲得する方法としてリード獲得へと繋げることも可能です。

③企業やブランドへの愛着心(エンゲージメント)の向上

 コンテンツを通じ、顧客と双方向的なコミュニケーションを行うことで、「自分の声を見てくれている」と感じさせ、企業やブランドに対する安心感や愛着心を高めることができます。

④顧客の教育や情報提供

 商品やサービスについての情報を提供することで、顧客が適切な意思決定を行えるようサポートすることができます。また、コンテンツを通して、顧客に有益な情報を共有することで、顧客にスキルや知識を伝えることができます。

 上記のような形でターゲットとの関係を強化できることから、マーケティングにおいて、コンテンツ制作は最重要施策の一つであると言えるでしょう。

コンテンツの種類

 コンテンツの種類は大きく分けて、アナログコンテンツとデジタルコンテンツに分けられます。

コンテンツの種類

  アナログコンテンツ

 アナログコンテンツは、物理的に存在するコンテンツのことを指します。例えば、以下のようなものが該当します。

  • 新聞、雑誌、書籍、パンフレットなどの印刷物
  • セミナー、展示会、講演など、リアルで開催されるイベント
  • テレビやラジオ番組などのメディア
  • 手紙やカタログなどの郵送物(ダイレクトメール)

 これらのコンテンツは、デジタル化が進む現代でも依然として重要な役割を果たしています。

 特に、ターゲット層が高齢である場合や、デジタルメディアへのアクセスが制限されている地域では、アナログコンテンツが有効です。

  Web・デジタルコンテンツ

 一方のWeb・デジタルコンテンツは、インターネットを通じて顧客のもとに届けられるコンテンツのことを指します。例としては、次のようなものが挙げられます。

  • 企業や個人が情報を発信するためのブログ記事
  • Facebook、Instagram、TwitterなどでのSNS投稿
  • YouTubeなどに公開・掲載される動画コンテンツ
  • Spotifyなどを通して音声コンテンツとして提供されるポッドキャスト
  • 企業から顧客のメールアドレス宛に送られるメールマガジン

☑︎SEOとはどう違う?企業が動画オウンドメディアを作る時に押さえるべき観点
☑︎SNSマーケティングとは?やり方や戦略の立て方を事例を交えてわかりやすく紹介
☑︎メルマガ担当に聞く!コンテンツマーケティングとメールマーケティングの相性と活用のポイント

 昨今では、企業の公式サイトやオウンドメディアなど、オンライン上で発信されるデジタルコンテンツを”コンテンツ”と呼ぶことが多い傾向にあります。

 デジタルコンテンツは、広範なオーディエンスに迅速かつコスト効率よく情報を届けることができるため、非常に効果的です。

 また、デジタルコンテンツであれば、分析ツールを使用してコンテンツのパフォーマンスを測定し、リアルタイムで改善することも可能です。

良質なコンテンツとは?

消費者にとって価値のある情報を提供しているコンテンツ

 皆さんは、「良質なコンテンツとは何か」と聞かれて、すぐに答えられるでしょうか?案外、難しいのではないでしょうか。

 良質なコンテンツとは、消費者にとって価値のある情報を提供し、彼らのニーズや期待に応えるコンテンツのことです。

 具体的には以下の要素を備えている必要があります。

有用性があること

 消費者が問題を解決したり、知識を深めたりするのに役立つ情報を提供していると、良質なコンテンツだと言えます。ターゲットの役に立つためには、まずターゲットがどんな情報を求めているのかをしっかり理解する必要があります。

信頼性があること

 情報の正確さと信頼性が確保されていることも重要です。専門家の意見や、信頼できる組織(政府や自治体など)が発表しているデータを引用することで、信頼性を高めることができます。

魅力的なビジュアルコンテンツが含まれていること

 情報を視覚的に魅力的に伝えることで、消費者の関心を引いたり、強い印象を抱かせることができているコンテンツは、企業にとってとても良質なコンテンツであると言えるでしょう。消費者の関心を引くことは、認知の拡大や収益の増加につながります。

継続的な更新

 コンテンツを定期的に更新したり、新しい情報が出た際にすぐにそれを提供していると、良質なコンテンツだと判断される可能性が高くなります。ターゲットの興味関心を継続的に惹きつけることができ、再訪を促すことに繋がります。

 良質なコンテンツは、単なる情報の提供に留まらず、ターゲットとの信頼関係を築き、長期的なビジネスの成功を導くことができます。コンテンツ制作においては、ターゲットにとって価値のある情報を提供し続けることが最も重要です。

Webコンテンツ制作の流れとコツ 〜SEO記事の場合〜

   コンテンツの種類は無限にあります。本記事では、デジタルコンテンツの中で最もメジャーであると言っても過言ではないSEO記事を取り上げ、その制作の方法をご紹介します。全部で6ステップあるので、順番に見ていきましょう。

  目的とペルソナ作成

 まずは、コンテンツの目的を決めます。

 コツはまさに、「最初に決めること」です。最初に決めてしまうことで、方向性のぶれないコンテンツ制作や、掲載する情報の取捨選択がやりやすくなります。「コンバージョンの増加」「認知の拡大」のような、抽象的な目的で構いません。

 次に、ペルソナを決めます。

 ​​ペルソナとは、製品やサービスのターゲット層をより詳細に掘り下げた「人物像」のことです。自社製品やサービスのユーザー属性(年齢、職種、関心事など)をもとにしながら、年齢、職業、状況、悩み、目標・目的などの具体的な特徴を決めるのがコツです

 例えば、「30代でWebマーケティング部に配属されたが、マーケティングの知識がなく、何から手をつければ良いか悩んでいる。上司から、問い合わせ数を増やすように言われている」のように設定すると良いでしょう。

 ペルソナを明確に決めることで、読者の視点に立ったコンテンツを作成しやすくなりますし、どんな情報を載せるか、どこまで詳しく説明するかなどの判断がしやすくなります。

 キーワード選定

 次に、記事のキーワードを調査します。Googleキーワードプランナーなどのツールを使い、記事の内容に関連するキーワードの月間検索数や、記事にしやすいキーワードかどうか(難易度)などを確認していきます。

 コツは、メインのキーワードのほかに、関連する複数のキーワードも確認しておくことです。ニーズを深く理解したり、潜在ニーズを発見したりすることができ、結果的にコンテンツの質を高めることに繋がります。コンテンツの質が高まれば、検索エンジンで上位表示されるようになり、ターゲットユーザーの目に留まる可能性も高くなります。一見面倒な作業ですが、必ず行いましょう。

 また、キーワードが決まったら、そのキーワードで上位になっている記事を実際に読んでみると良いでしょう。競合サイトを研究することで、どんな記事がよく読まれているのか、どんな内容が良いのか、ざっくりと把握することができます。

  アウトライン(構成)の作成

 キーワードが決まったら、記事の構成案を作成します。

 コツは、記事の目次を作るイメージで作成することです。読者にとって価値のある情報を選び出し、論理的な流れになるよう配置します。

 なお、記事を書くときのルール(レギュレーション)も、この段階で決めます。例えば、「です・ます調で書く」「商品名は『』で囲む」などの文体や表記方法のルール、画像の使用方法のガイドライン(出典元の書き方など)などが挙げられます。

 レギュレーションがないと、サイト全体のトーンとマナーが合わず、読者が混乱してしまうなどの悪影響があります。特に、ライターやイラストレーターなどが複数人いる場合や、外注する場合、新しいメンバーがいる場合などは、確認しておくと安心です。

  コンテンツ制作(記事、動画、画像)

 構成案が完成したら、いよいよ執筆を始めます。設定したペルソナのニーズや悩みに寄り添い、わかりやすく有益な情報を、読みやすい形式で提供しましょう。また、記事にイラストや図解、写真、動画などを載せる場合は、その制作も忘れずに行いましょう。

 また、執筆が完了したら、一度他の人に読んでもらうことをおすすめします。第三者の視点で、わかりやすさや不自然な部分の有無を確認できます。

 公開と更新

 執筆や画像の作成が終わったら、入稿して公開します。リライトの場合は、新しく作ったものに書き換え、更新します。公開前に必ず、誤字脱字がないか、見出しがきちんと設定されているか、画像がきちんと配置されているか、リンクをクリックするときちんと遷移するかなどを確認しましょう。

 効果測定と改善

 どんなコンテンツでも、効果測定と改善を継続的に行っていくことが大切です。特にSEO記事の場合、公開した後の効果測定を怠りがちですが、効果が出たかどうか、制作当初に決めた目的を達成しているかどうかなどを、必ず確認するようにしましょう。

 SEO記事であれば、以下のような基準でモニタリングするのがおすすめです。

認知拡大が目的の場合

  • 各キーワードの検索結果での順位はどのくらいか
  • PV数、セッション数、ユーザー数はどのくらいか
  • 回遊率はどのくらいか、移動したユーザーが多い記事はどれか

コンバージョンの増加が目的の場合

  • PV数、セッション数、ユーザー数はどのくらいか
  • どんな経路で記事にたどり着いたユーザーが多いか
  • コンバージョン数はどのくらいか

 効果が思うように出ない場合は、記事の構成や内容を見直すなど、改善策を考える必要があります。

 また、記事の内容に関連する情報が更新されたり、新しい情報が発表された場合は、そのトピックを追記しましょう。具体的には、サービスの内容を変更することになったり、イベント情報が発表されたりした時などが挙げられます。ユーザーが最新情報を確認できるよう、内容をこまめに確認・更新することを心がけましょう。

コンテンツ制作から効果測定まで、コンテンツマーケティングに必要な機能を全て搭載!この機会にぜひ、ミエルカSEOをお試しください!

\検索ニーズ調査から競合分析・アクセス解析まで!/

1,700社が導入したSEOツール
ミエルカSEO

無料トライアルはこちら

コンテンツ制作のメリットとデメリット

 コンテンツ制作は、マーケティングにおける重要な施策の一つですが、手間も時間もかかります。ここで改めて、コンテンツ制作のメリットとデメリットを確認していきましょう。

メリット

継続的な集客効果が見込める

 コンテンツ制作の最も大きなメリットは、一度軌道に乗ってしまえば、継続的な集客効果を得られることです。

 記事であれば、検索結果の上位に表示されている限り、そのキーワードで検索されるたびに記事が目に入ることになるので、認知の拡大に大きく貢献できます。

 またYouTube動画であれば、再生回数が大きく伸びることで、チャンネル登録者数や、おすすめ欄への掲載可能性も高くなります。

資産としての価値が生まれる

 良質なコンテンツは、企業資産としての価値を持ちます。

 正しい情報や知識を発信するコンテンツであれば、「信頼性のある情報源である」と社会から認められることに繋がり、企業への信頼性やブランド力を高めることができます。これにより、講演依頼、コンサルティング、コラボレーションなどといった他のビジネス機会にも繋がります。

 また、口コミやコメントを許可しているコンテンツの場合は、そのコンテンツを通じて、ファンやフォロワーのコミュニティを築くことができます。わかりやすい例では、YouTubeなどが挙げられます。こうしたリピート顧客や口コミによる新規顧客を獲得することができれば、収益の安定に繋がります。

ユーザーとの信頼関係構築ができる

 正確な内容であることはもちろん、専門性や利便性の高い知識を提供することで、ユーザーに「信頼できる情報源である」と判断され、他のコンテンツも閲覧してもらえる可能性が高まります。

 また、様々なコンテンツを通じて、ブランドイメージやサービス内容などを伝えることで、企業理念への共感や同意、信頼を得たり、サービスや商品の価値を感じてもらったりするきっかけになります。

 あるいは、ユーザーのレビューやフィードバックをコンテンツ改善に活かすことで、ユーザーに「自分の意見が尊重されている」と感じてもらい、「ユーザーのことを考えている企業だ」と信頼を得ることに繋がります。

 低コスト

 コンテンツ制作は、商品の制作や店舗の出店などに比べて、圧倒的にコストを抑えられる施策です。集客や収益を、効率よく最大化させることができます。

顧客の教育・ナーチャリングができる

 コンテンツ制作を通して、ユーザーを教育することもできます。

 例えばミエルカの場合、SEOやコンバージョン改善に関する有益な情報を、ミエルカジャーナルをはじめとした様々なチャネルで発信しています。「こんな事例があった」「こんな情報が発表された」とお客様に共有することで、お客様に「こんな施策をやってみたら良いかもしれない」「この観点で自社のコンテンツを見直してみよう」という新たな気づきを促すことに繋がっています。

☑︎ミエルカジャーナルの記事一覧はこちら

デメリット

制作に時間がかかる

 コンテンツ制作には時間がかかります。キーワードを調べたり、構成を考えたり、原稿を執筆したりするだけで、最低でも1週間はかかります。

 それに加え、記事に挿入する画像の作成や、内容の精査を行う時間も必要です。

 コンテンツの発表予定日から逆算して、早めに準備を始めたり、発表が遅れた場合の対策も考えておくことが重要です。

管理の煩雑化

 コンテンツは、作って終わりではありません。自社が持つコンテンツを最大限活用するためにも、効果の測定や内容の改善を継続的に行なっていく必要があります。きちんと管理体制を整えておかなければ、効果測定から漏れてしまったり、改善頻度にムラが出てしまい、せっかく制作した意味がなくなってしまいます。

 コンテンツの量や種類が多い場合は、一度、管理体制を見直してみましょう。

  • 全てのコンテンツが記載・整理されているファイルがあるか
  • それぞれのコンテンツについて、効果測定の方法や担当者はどうなっているか
  • それぞれのコンテンツにおいて、改善の判断を下すのは誰か、改善の方法はどうなっているか、改善担当者は誰か

 まだコンテンツの量が少ない場合も、多くなった時のことを考えて、今のうちから管理の方法を検討すると良いでしょう。

 人材確保が難しい

 コンテンツの制作や効果測定には、幅広いスキルが必要です。時には、専門的なスキルが求められる場面もあります。記事の場合であれば、以下のようなスキルが必要であると言えるでしょう。

  • わかりやすい文章を書けるかどうか
  • 理解しやすい図解や、印象に残りやすい画像を作成できるかどうか
  • 効果測定のためのツールを使えるかどうか
  • 効果測定のためのデータを見て、どう改善すれば良いか理解できるかどうか

 他にも、画像コンテンツの作成であればデザインスキル、動画コンテンツの作成であれば動画編集スキルなどが求められます。

 こうした人材を社内で見つけることは難しく、育成にも時間がかかります。

効果が出るまでに時間がかかる

 コンテンツを制作し、投稿・発表しても、効果が実際に現れるまでには時間がかかります。

 例えば記事の場合、公開してすぐに検索上位に表示されるわけではなく、時には数ヶ月かかることもあります。また、その記事から集客効果や収益が出るようになるまでには、さらに数週間から数ヶ月かかります。

 短期的な効果が出ないからこそ、時間をかけてでも、長く使える良質なコンテンツを作るべきです。

コンテンツ制作のメリット・デメリット

コンテンツ制作に必要なスキル

 企画力

 見る人の心をつかむコンテンツを制作する力は、「企画力」と言われます。

 具体的には、以下のようなスキルが求められます。

  • 市場を調査したり、トレンドを分析することができる力
  • ターゲットのニーズや興味、課題を理解する力
  • ターゲットに効果的なコンテンツのテーマや、ニーズに適した内容を考える力

 進行管理能力

 コンテンツ制作は、企画から公開までに多くの段階をふむ必要があります。

 また大抵の場合、コンテンツ制作には複数の担当者が関係しており、それぞれで役割を分担してコンテンツを制作していきます。

 プロジェクトがスケジュール通りに進行し、全ての関係者が役割を果たすように調整する「進行管理能力」は、どんなコンテンツを制作する場合であっても必要です。

 具体的には、以下のような力が求められます。

  • タスクの優先順位をつける力
  • 各メンバーの担当タスクを適切に決められる力
  • 締切を守るために、余裕を持った計画を立てられる力
  • 問題が発生した時に迅速に対処する力

ライティング・校正・編集

 ライティングスキルは、コンテンツの質を決定する大きな要素です。コンテンツの形式にかかわらず重要なスキルですが、特にSEO記事の場合は、ライティングスキルによってコンテンツの効果が大きく左右されます。

 具体的には、以下のような力が必要だと言えます。

  • 明確で読みやすい文章を作成し、メッセージを効果的に伝える力
  • 誤字脱字や文法の誤りを見つけて修正する校正の力
  • 正しい内容になっているかどうかを調査・検証する、校閲の力
  • 文章の流れや一貫性を持たせる編集の力

デザインスキル

 ビジュアルコンテンツの重要性が増す中、デザインスキルは欠かせないスキルの一つになっています。SEO記事であっても、アイキャッチ画像などを作るために、デザインスキルは必須です。

 具体的には、以下のような力が必要です。

  • 基本的なデザインの原則を理解し、画像に反映させる力
  • 画像編集ツールを使いこなす力
  • 効果的なレイアウト、カラーコーディネーション、タイポグラフィなどの要素を適用する力

 マーケティングスキル

 コンテンツは、作るだけでは効果を発揮しません。適切なターゲットに届いて初めて、コンテンツは効果を発揮します。そのため、コンテンツ制作を行うメンバーには、マーケティングスキルも求められます。

 具体的には、以下のような力が必要です。

  • SEO(検索エンジン最適化)などの知識があり、施策を実行できる力
  • SNSの活用、メールマーケティング、広告などを駆使して、コンテンツの露出とエンゲージメントを最大化することができる力

Webコンテンツ制作のコツ

 Webコンテンツ制作は、ネット上での認知を拡大し、ターゲットと効果的にコミュニケーションを取るために重要です。効果的なWebコンテンツを制作するためには、いくつかのコツがあります。

ターゲット・ペルソナの明確化

 まず、ターゲットやペルソナを明確にすることは、何よりも重要です。誰に向けてコンテンツを作成するのかを理解することで、メッセージの内容を適切に設定できるからです。

 具体的には、以下のステップでターゲットを決めていきます。

①ペルソナを作成する

 コンテンツを見る人がどんな人かを想像し、具体的な人物像(年齢、性別、職業、興味・関心、抱えている悩み、目的など)を作成します。具体的であればあるほど、ターゲットを決めやすくなるので、なるべく詳細に決めるようにしましょう。

②ペルソナの悩みと解決策への理解

 ペルソナが抱えている悩みに対して、自社サービスや製品で解決できるかどうかをしっかり議論・検討します。もし解決できない場合は、ペルソナの悩みが間違っていないか、そもそもペルソナの設定が間違っていないかなどを確認しましょう。

③ペルソナの行動パターンの分析

 ペルソナがどのようなデジタルチャネルを利用しているか、どのように情報を消費しているかを分析します。例えば20代であれば、「TwitterやInstagramをよく利用しており、SNSを経由して新たな情報を得ることが多い」という予測を立てることができます。この予測が正しいかどうかを、データで確認できると、もっと良いでしょう。

④上記の情報から、どのような層をターゲットにするかを決める

 「この悩みとこの悩みは解決できる」「この年代とこの年代には人気が出そう」のように、ターゲット層を決めていきます。ターゲットが明確であれば、コンテンツの方向性が定まり、より効果的に情報を提供できるようになります。サービスや製品の特性と照らし合わせながら決めていきましょう。

一貫性のあるメッセージ

 Webコンテンツにおいて、一貫性のあるメッセージを維持することは非常に重要です。ブランドの価値やミッションを反映したメッセージを統一することで、信頼性と認知度を高めることができます。

 コンテンツを制作する際には、以下のポイントに注意しましょう。

ブランドガイドラインの設定

 トーン、スタイル、色使いなどを統一するためのガイドラインを作成します。前述したレギュレーションなどもここに含まれます。

ストーリーテリング

 ブランドのストーリーを一貫して伝えることで、ターゲットの共感を得ることができます。ブランドのコンセプトがすでにある場合は、ストーリーがコンセプトと矛盾していないかどうかも、必ず確認しましょう。

チャネルの統一

 Webサイト、ソーシャルメディア、メールマーケティングなど、全てのチャネルで一貫性を保つことを心がけましょう。メルマガは既存向け、SNSは新規向け、というように、チャネルによって訴求ポイントや目的が異なる場合は、共通して入れる情報を決めたり、ストーリーと矛盾していないか確認したりするよう意識すると良いでしょう。

 一貫性のあるメッセージは、競合に対する差別化につながるほか、ブランドの信頼性を高めることにも繋がります。

定期的な更新

 動画の更新が早いYouTubeチャンネルは、新しい動画がアップされてないか、ついつい確認してしまったり、自然とチャンネル名を覚えていたりしますよね。このように、コンテンツの定期的な更新は、ターゲットの関心を維持するために不可欠です。「このコンテンツ、いつも新しい情報が入っているな」とターゲットに気づかせることで、再訪を促し、SEOにも良い影響を与えることができます。

 とは言え、無計画に大量のコンテンツを作成しては、管理が疎かになってしまいます。いつ、どのようなコンテンツを公開するかを記入したカレンダーを作成すると良いでしょう。

 特に季節によって繁忙期と閑散期がはっきりしている場合は、繁忙期にしっかりコンバージョンが取れるよう、計画を綿密に立てましょう。また、季節や時期によって特定のイベントが開かれる場合は、関連したコンテンツを作成し、タイムリーな情報を提供することで、ターゲットにとってのコンテンツの価値が上がるように心がけましょう。

 また、業界ニュースやトレンドに関する情報を迅速に提供できるよう、常にコンテンツ制作のリソースに余裕を持たせておくことも大切です。

 定期的な更新は、検索エンジンからの評価を高め、自然検索流入の増加に繋がります。計画をしっかり立て、長期的に運用できるようにしておきましょう。

クオリティの維持

 品質の高いコンテンツを提供することは、ターゲットの信頼を得るために非常に大切です。また、高品質なコンテンツはブックマークやお気に入り登録される可能性も高くなるため、再訪率が高まり、リードへも繋がりやすくなります。

 クオリティを維持するためにも、以下の点に注意しましょう。

リサーチの徹底

 正確で信頼性のある情報を提供するために、コンテンツの計画段階で十分なリサーチを行いましょう。専門家に依頼して、適宜確認を挟みながらコンテンツを制作するのも、一つの方法です。

ビジュアルの品質の徹底

 視覚効果の高いデザインを用いたり、解像度の高い画像にすることで、コンテンツの印象を強くすることを心がけましょう。目に留まりやすいビジュアルにすることで、注目を集めることができます。

 クオリティの高いコンテンツは、ブランドの信頼性を高める他、ブランドや企業への愛着心を高めることにも繋がります。手を抜きがちなポイントですが、きちんと確認するようにしましょう。

効果測定と改善

 コンテンツ制作の効果を測定し、継続的に改善することで、長期的に集客や収益の獲得を行うことができます。特に、データに基づいたアプローチを取り入れることで、定量・定性の両面から効果的な測定を行うことができます。

 まずは、コンテンツの成果を計測するための具体的な指標(KPI)を設定しましょう。流入元データ、セッション数、コンバージョン率などで設定すると、計測がしやすいのでおすすめです。

 また、計測の工数削減のために、分析ツールの活用もぜひ検討してみてください。Google Analytics4やその他の分析ツールを使用することで、コンテンツのパフォーマンスをモニタリングすることができます。

 他には、ターゲットからのフィードバックを収集し、改善点を特定するという方法もあります。

 こうした効果測定と改善を繰り返すことで、コンテンツの質を向上させ、ビジネス目標の達成に貢献することができます。

コンテンツ制作の方法  〜内製か外注か〜

 コンテンツ制作の方法として、自社で内製化するか、外部に外注するかという選択肢があります。それぞれの方法にはメリットとデメリットがあり、状況に応じた最適な選択を行う必要があります。

内製化のメリット・デメリット

メリット①ユーザーニーズや訴求ポイントを的確に把握してコンテンツを制作できる

 社内スタッフは、企業理念やビジョン、サービスや商品の内容に精通しています。そのため、訴求ポイントや打ち出したいメッセージを深く理解した状態でコンテンツを制作することができます。また、社内スタッフは市場やターゲットニーズにも詳しいため、ユーザーの視点に立ったコンテンツを制作できます。

メリット②迅速な対応ができる

 社内スタッフであれば、コンテンツの制作や修正を迅速に行うことができます。市場の変化やトレンドの情報も入りやすく、即座にコンテンツを更新することができるため、タイムリーな情報発信が可能です。

メリット③コストのコントロールができる

 社内でコンテンツを制作する場合、外注費用が発生しないため、コストを抑えることができます。また、制作プロセスを社内でコントロールできるため、予算内での運用がしやすくなります。

デメリット①リソースの確保が難しい

 コンテンツを社内で作るためには、専任のスタッフを新たにアサインしたり、適切なスキルセットを持つ人材を探したり、あるいは育成したりする必要があります。1人あたりの業務量が多かったり、専門的な人材を見つけにくい小規模な企業では、リソースの確保が難しい場合があります。

デメリット②専門知識を伴うコンテンツ制作が難しいことがある

 社内スタッフは、製品や企業のことを熟知しています。その一方で、技術や知識、高度なスキルについては、いくら製品やサービスに利用されているとは言っても、社内スタッフだけではカバーしきれないこともあります。そんな時は、専門家に制作や監修を依頼するのも一つの方法です。

デメリット③時間と労力がかかる

 そもそもコンテンツ制作は時間と労力を要するものです。社内のリソースが限られている企業では、コンテンツ制作と他業務を兼任するという形をとることも多いですが、当然、他の重要な業務に影響が出てしまったり、コンテンツ制作が後回しになってしまうことも少なくありません。

外注のメリット・デメリット

メリット①専門性の高いコンテンツが制作できる

 専門のコンテンツ制作会社や、制作のプロであるフリーランス人材に依頼することで、高い専門性を持った質の高いコンテンツを制作することができます。特にデザインやライティング、SEO対策など、専門知識が求められる分野では、外注の方が効果が出ることが多いです。

メリット②リソースが節約できる

 外注することで、社内リソースを節約し、他の業務に及ぼす影響を少なくすることができます。特に小規模企業にとっては、外部リソースを活用することで効率的に業務を進められるようになります。

メリット③新しい視点を導入できる

 社内だけでコンテンツを制作していると、どうしても視点やアイディアが偏ってしまいます。外部の人材に依頼することで、異なる視点やアイデアを提供することができます。また、独自性のあるコンテンツが生まれやすくなり、競争力を高めることができます。

デメリット①コストが増える

 当たり前ですが、外注にはコストがかかります。特に高品質なコンテンツを制作したい場合、制作者が製品や企業についての知識をインプットしたり、コンテンツの内容の正誤を確認したりするのに手間と時間がかかるため、その費用は高額になります。また、継続的な依頼が必要な場合、長期的なコストが増大する可能性があります。

デメリット②コミュニケーションやスケジュールの調整が難しい

 外部のパートナーと継続的にコミュニケーションを取ることは、簡単ではありません。また、ブランドの理解や期待値のすり合わせが不十分だと、期待通りのコンテンツが得られないこともあります。

デメリット③スケジュール調整が難しい

 外注の場合、制作のスケジュールや方法などが、外注先の体制に依存することになるため、希望するタイミングでコンテンツを提供してもらえないことがあります。また、急な変更や追加の依頼に迅速に対応してもらえないこともあります。

ミエルカコネクトでは、コンテンツマーケティングに特化したマーケターをご紹介させていただくことが可能です!コンテンツ制作の外注を考えられている方は、お気軽にご相談ください!

\即戦力マーケティング人材が今すぐ欲しいなら!/

Webマーケティング専門の業務委託マッチング
ミエルカコネクト

詳しくはこちら

コンテンツ制作の成功事例と失敗例

 ここからは、実際にミエルカSEOをご利用中のお客様の実際の経験から、コンテンツ制作で陥りがちな失敗と、成功のためのポイントをご紹介します。

 「お仏壇のはせがわ」株式会社はせがわさま

 はせがわさまは、仏具の販売を行っている企業さまです。以前はWebでのマーケティングはメインではなかったものの、コロナをきっかけに、コンテンツマーケティングを始められたとのことでした。

 しかし、コンテンツマーケティングを始められた当初は、他業務との兼任で時間確保が難しいうえ、メンバーの目標にも含まれていなかったため、業務が後回しになってしまっていたそうです。これははせがわさまに限らず、他の企業でもよく陥ってしまう失敗だと言えます。

 そんなはせがわさまですが、今では仏具関連のキーワードの多くで上位を占めるほど、運営が軌道に乗っています。そんなはせがわさまの成功のポイントは、ツールによる制作段階の工数削減と、お客様のニーズに沿ったコンテンツづくりです。

 ミエルカSEOを使うことで、キーワードの調査や競合の調査の時間が省けるようになり、他業務との兼任でもコンテンツ制作に集中できるようになった他、それぞれのキーワードのニーズの近さや、月間検索回数などを可視化した「サジェスト・インテンション」を用いて、お客様がどんな情報を求めているのかを調査することで、ニーズに合わせたコンテンツを作れるようになったそうです。

【ミエルカSEO】サジェストインテンション機能。KWのニーズの近さや月間検索回数などを可視化。

 先述したように、「良質なコンテンツ」とは、「顧客のニーズにしっかりと答えているコンテンツ」です。良質なコンテンツは、SEO的にも評価されやすくなり、集客力をアップさせる大きな足がかりとなります。実際、はせがわさまも、セッション数が前年比3.5倍になり、集客力もアップしたとのことでした。リソースがない中でも質にこだわることの大切さがわかる事例だと言えるでしょう。

☑︎もっと詳しく知りたい方はこちら:【セッション数が前年比3.5倍】コロナをきっかけに始めたコンテンツマーケティング。「お仏壇のはせがわ」がSEOで成功した3つの秘訣とは

「SATORIマーケティングブログ」SATORI株式会社さま

 SATORIさまは、MAツール「SATORI」を開発・販売・運営している企業さまです。マーケティングの一環として、マーケティングに関する情報発信を行う、toBのオウンドメディアを運営されています。

 はせがわさまと比べて、業界もビジネスモデルも全く異なるSATORIさまですが、そんなSATORIさまもはせがわさまと同様、リソースが足りないという理由から、コンテンツ制作がうまくいっていませんでした。専任メンバーがおらず、兼任する他の業務に追われていたことで、新規記事の投稿や既存記事のリライトはつい後回しになっていたそうです。

 しかしSATORIさまも、現在はオウンドメディアが軌道にのり、マーケティング関連のキーワードでは上位に入っている記事が多数あります。そんなSATORIさまの成功のポイントは、順位モニタリング、いわば効果の計測の工数削減です。

 ミエルカSEOには、キーワード調査だけでなく、自社と競合の順位状況を一目で確認することができる機能を搭載しています。各記事の状況の変化を確認しやすくなったので、どの記事をリライトすべきかの判断がつきやすくなりました。

 また、順位が落ちている記事をすぐに把握し、順位が大きく落ちる前にリライトに取り掛かれるようになったことで、セッション数が10倍になった記事もあるそうです。

【ミエルカSEO】自社と競合の順位を確認する機能

 このように、記事を公開した後の効果測定が、収益をさらに拡大させるきっかけになることもあります。効果測定がいかに大切なことなのかがわかる事例と言えるでしょう。


☑︎もっと詳しく知りたい方はこちら:リライトでセッション数10倍も! BtoB企業がオウンドメディアを長期運用する価値と継続するコツとは?

 ここまで、株式会社はせがわさまと、SATORI株式会社さまの事例を紹介してきました。

 業種も異なりますが、共通する成功のポイントは以下の通りと言えるでしょう。

  • 陥りやすい失敗は「リソースがないことで、コンテンツ制作に手が回らない」
  • 成功のカギは「工数削減」

AIを活用したコンテンツ制作

AIを使ったコンテンツ制作の効率化

 工数削減という点では、生成AIもとても便利なツールです。具体的には、以下のような使い方が想定できます。

  • 調査したキーワードを元に、構成案を生成させる
  • 構成案を元に、記事を生成させる
  • 記事が完成した後に、適切なタイトル案の候補を複数生成させる
  • プロンプトを入れて画像を生成させ、挿入する画像や図解の参考にする
  • アイキャッチ画像を何パターンか作成させ、アイディアをブラッシュアップさせる

 生成AIは、人間よりも高速で作業を行うことができます。うまく利用すれば、コンテンツ制作にかかる時間と労力を大幅に削減できます。実際、本記事を執筆する際にも、構成案の生成や記事の生成に、一部生成AIを活用しています。

AIツール活用時の注意点

 AIツールはとても便利ですが、その利用には注意も必要です。

回答の正確性とバイアス

 AIが生成するコンテンツは、学習に使用するデータの品質に大きく依存します。データが偏っていたり、不正確だったりすると、生成されるコンテンツにもバイアスや誤りが含まれる可能性があります。

 学習に使用するデータを自社側で管理できるようなツールを利用するのが望ましいでしょう。

著作権と倫理の問題

 生成AIは基本的に、Web上にあるデータを学習して回答を生成しています。そのため、生成AIの回答の中には、他の記事から引用されたものが含まれていてもおかしくありません。AIが出力した回答の中に、出典や引用があるかどうかを調査し、必要な場合は出典元や引用元を追記するなどの対応が求められます。

 また、生成AIは倫理的な判断をすることができません。生成させたコンテンツが倫理的に適切であるかどうか、必ず一度確認しましょう。

人間的な観点や暗黙知が欠如する可能性がある

 AIが生成するコンテンツは効率的である一方で、人間の感情や創造性が欠ける場合があります。

 また、「明文化されていないけれど、業界的にこういう内容は載せない方が良い」というような暗黙知と呼ばれるものは、AIは知らないことが多いです。

 完全にAIに依存するのではなく、人間の視点や感性を取り入れることで、より魅力的で共感を呼ぶコンテンツを作成することが重要になってきます。

 人間とAIの協働によるコンテンツ制作

 AIに任せきり、ということはできませんが、かといって、全てを人間の手で行うのも大変です。AIの強みを活かし、弱みを人間がカバーする、協働体制を作ることが重要なのです。

 例えば、以下のような形で協働すると良いでしょう。

AIによる、独自性を維持したコンテンツ制作

 AIは、大量のデータからパターンを見つけ出すことに優れています。この能力を活用することで、サイトや企業独自のパターンをまねたコンテンツを生成させることができ、コンテンツ制作の効率を大幅に向上させることができます。

 例えば、ミエルカSEOでは、ツールをお使いいただいている企業さまが自らのコンテンツを学習させることで、企業独自の特徴を掴んだコンテンツをAIに生成させることができる機能を提供しています。

生成AIによるコンテンツ制作サポート機能も!ミエルカSEOの無料トライアルはこちらから!

\検索ニーズ調査から競合分析・アクセス解析まで!/

1,700社が導入したSEOツール
ミエルカSEO

無料トライアルはこちら

AIによるユーザーデータの解析

 AIは、大量のデータを解析することも得意です。記事のどこまで読んだか、どこをクリックしたかなどといった、ユーザーの行動をAIに分析させることで、コンテンツの改善ポイントを絞り、効果的に改善を行うことができます。

☑︎関連記事はこちら:【2024年最新】生成AIとは?仕組みから特徴、具体的な応用例、検索に与える影響までわかりやすく解説

まとめ

 コンテンツ制作は、高品質であればあるほど、長期的な効果が望める施策です。コンテンツをまだ制作していない方は、この機会にぜひ検討してみてください。

 ミエルカSEOでは、生成AIを活用し、コンテンツ制作の工数を削減する機能を、次々開発・実装しております。現在、無料トライアルを受け付けておりますので、ぜひ下記ボタンからお申し込みください。

\検索ニーズ調査から競合分析・アクセス解析まで!/

1,700社が導入したSEOツール
ミエルカSEO

無料トライアルはこちら

 またミエルカでは、SEO記事の制作支援や受注も承っております。ご興味のある方は、ぜひご連絡ください。

\SEO施策でお悩みの方へ/

SEOの専門家がアドバイス・伴走してくれる

ミエルカにSEOを
相談してみる

著者PROFILE

高田愛
Web/ソフトウェア開発ディレクター 高田 愛

株式会社Faber Companyに新卒入社した後、自社ソフトウェアの開発ディレクション業務に携わる。
現在は、ミエルカヒートマップのUI・UX向上や、ABテスト機能の開発、リリースした機能のプロモーション業務を中心に担う。

監修者PROFILE

山田 明裕
株式会社Faber Company 取締役 山田 明裕

東京都中野区出身。学習院大学経済学部経済学科卒業後、2001年、人材アウトソーシング企業に入社。その後、スポーツ用品を扱う専門商社を経て、2004年に個人事業主としてインターネットメディア事業(アフィリエイト事業)を開始。2008年、同事業の拡大を目的として株式会社Geronimo(ジェロニモ)設立。コンテンツSEOの実践による上位表示実績多数。2012年、コンテンツSEOのさらなる追究を目的として当社入社、現任。一貫してコンテンツSEOの実践・検証に取り組んでいる。座右の銘は「一意専心」。講演実績多数。

#コンテンツ #コンテンツ制作 #SEO #ミエルカ

関連記事

ミエルカミエルカでできること

  • 1検索ニーズを自動調査できる

    検索ユーザーの検索意図をAIが自動分析
  • 2サイトの改善点がわかる

    競合サイトとの順位状況を瞬時に比較
  • 3プロにコンテンツ相談できる

    改善ページを特定し、改善提案
オンライン対応可

運営会社